年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

税務署に睨まれない暦年贈与による節税方法

税務署に睨まれない暦年贈与による節税方法

暦年贈与について、説明します。
贈与すると贈与税がかかって申告とか面倒くさいんじゃない?とか、
贈与してもただの名義貸しと思われてどうせ意味ないんでしょ?
とか思っている方がいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
適正な手続きを踏めば贈与税もかかりませんし、名義財産となることもないです!

まず、暦年贈与の基本情報として、年間110万円以下の贈与については、贈与税は一切かかりません。
例えば、毎年110万円を子供や孫に10年間贈与したとしたら、どうなるでしょうか。子どもや孫が合計で6人いたとしたら6,600万円もの財産を生前に無税で移転できるのです。6,600万円を移転できたら相続税は、税率が低い人でも660万円、税率が高い人なら3,300万円もの節税になります!!

毎年簡単な手続きをするだけでこんなにも税金を抑えることができるのです。
それでは、贈与の手続きについて簡単に説明します。

1. 贈与契約書の作成

出来れば、贈与契約書を作成しましょう。マストではないですが、後々問題にならないためにも作っておいたほうが良いでしょう。

2. 贈与の実行は客観的証明ができる預金で

贈与を現預金で行う場合には、必ず預金で振込等記録を残すようにして下さい。現金で贈与してしまうと客観的な記録が残らないため、後々税務署から指摘されてしまうことがあります。

3. 贈与した財産は贈与を受けた人が管理

贈与した預金を贈与した人が支配、管理していた場合は、ただの名義預金とされてしまうことがあります。
そうならないためにも、贈与をしたら贈与を受けた人が自由に使える状態にして下さい。

4. 毎年同じ時期、同じ金額は避けましょう

毎年同時期に同額で贈与をしてしまうと、連年贈与(難しい言葉ですが、簡単に言うと最初の年に毎年贈与することが決まっていて、その年に全額贈与したのではないかと疑われてしまうことです)とみなされ、贈与税が課税される可能性があります。

したがって、年によって金額や日にちを変えたほうがよりベターです。
以上が、贈与する上で抑えておきたい適正な手続きです!!

また、補足情報として、お亡くなりになる前3年間の相続人に対する贈与は、相続税がかかりますのでご注意下さい。
なお、孫は、基本的に相続人にはなりませんので、孫に対する贈与は亡くなる前3年間であっても相続税の対象にはなりません。

関連性が高い記事

贈与税は誰が支払う?どうなると支払う?

「え、贈与がかえってあの子の負担に?」  贈与という言葉は「贈る側」の行動を指しますが、贈与税は利益を受ける側、つまり「受け取る側」に課されます。受贈税といったほうが、本当は正確かもしれません。  受け取る側に税が課されるということは、贈る側がうまく […]

複数の人から贈与をうけた場合

複数の人から贈与をうけた場合 贈与は、複数人から受けることも考えられます。 複数人から贈与を受ける場合には、贈与税の課税はどのようになるのでしょうか。 2つの課税制度 贈与税には暦年課税制度と相続時精算課税制度というの二つの方法があります。 暦年課税 […]

特定贈与財産とは

1. 特定贈与財産 一定の要件を満たせば、相続税、贈与税が課税されることなく、現在住んでいる不動産を配偶者へ贈与することが出来ます。 今回は特定贈与財産についてご説明したいと思います。 この特定贈与財産とは以下のいずれかに該当するものをいいます。 ( […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る