相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

生命保険の支払いを贈与されたお金で行う

いずれはもらえるお金

 贈与財産を受贈者自身が管理する大切さを解説すると、親世代からは、必ずといってこんな言葉が返ってきます。
「でも、子や孫に大きなお金を渡すと、無駄使いをしそうで…。こちらで管理したいんですけど、ダメですか?」

 次世代に財産を渡しつつ、親世代が手綱を握れる──、そんな都合のいいシステムはあるのでしょうか。
 名義預金はもちろん不可。私たちが提案したいのは、生命保険を利用する方法です。

 親を被保険者とする保険を子が契約し、親が贈与したお金で保険料を納めていく、というかたちです。贈与を成立させながらも、親の意思で使途を固定化できるメリットがあります。

 贈ったお金は生命保険料の支払に回るので無駄遣いが生じませんし、親に何かあった時点で保険金は子のものになります。親の生前であっても、子がどうしてもお金が必要になったら解約して返戻金を得られますから、子世代にとってもメリットのあるやり方です。

 かつての贈与対策では「財産の名義だけ移してあればいい」と考える親が多く、名義預金を相続で遺していました。結果として、受けついだ子世代は、税務署から「これは贈与か相続か」とつつかれることとなりました。

 生命保険ならば、契約は子自身が行うことになりますから
「贈与を受けたお金で、自分の意思で保険に入ったものです」
と、財産の実質的支配を主張できます。

保険金は「みなし相続財産」

 生命保険は、「受取人を指定できる」という点も大きなメリットです。

 被相続人が保険料を支払っていた死亡保険金は、相続税法上はみなし相続財産とされます。本来の相続財産とはされず、遺産分割の対象になりません。お金の行き先は必ず、保険契約での受取人になります。

 このことから、遺言以外では、唯一お金に色をつけておける財産といわれています。

 お金の行き先というものは遺言でも指定できますが、相続は手続きが多く、なかなか渡したい相手にお金が渡りません。保険金ならば、受取人が手続きをすればすぐ対応してくれます。

 このメリットを使いたいがために、贈与に生命保険を利用する人も少なくありません。

 渡したい人に、大切な財産を届ける。保険の本来の機能をいかせる優れた使い方ではないでしょうか。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初めての相続でわからなかったが、提出書類など一覧表になっておりわかりやすかった。 返信封筒もセットされていて手間もかからなかった。完了後きちんとファイル化されていて良かった。 司法書士の依頼もワンストップでできてとても助かった。

自分でこれだけの申告をするのは大変だと思います。 やはり専門家にお願いして良かったと思います。

ご担当者魚住様の対応はとても良かったです。 とても安心してお任せできました。 感謝致します。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る