相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

税務上贈与と見做される取引

約束は贈与したことと同じ

 110万円の基礎控除以内ならば、毎年贈与を行っても、贈与税はかかりません。しかし、
「基礎控除額以内の額を、これから毎年贈与するよ」
 と相手に約束すると、話が違ってきます。

 というのは、約束した時点で、「基礎控除以内の給付を毎年受ける権利」が贈与されたものとみなされるからです。贈与は、金品の現物のやりとりだけでなく、金品をもらう権利など、無形のものでも成立するのです。

 たとえば、今後10年間非課税枠の贈与をすると約束した場合、110万円×10年、つまり1100万円を受け取る権利が贈与されたとみなされ、今年分の基礎控除110万円を除いた990万円に、贈与税がかかります。

 もちろん、その約束の場に国がいるわけでないので、約束が明らかになって「税制上問題がある」と指摘されるのは、相続時です。

 贈与の記録が定期的だったり定額だったりしていると、税務調査で「最初の年に約束があった」とみなされることが多くなります。

「おまけ」も資金援助もトラブルに

 また、「贈与税がかからないように」との気配りから、相手からあえて対価をもらうケースがありますが、
「うんと、おまけしておくよ」
と、相場を度外視した安い値にするのは、贈与税のトラブルをまねくもとです。

 財産を安価に譲り受けた場合、本来の相場との差額は、買った側にとって「ただで得をした分」にあたります。これが贈与とみなされるのです。

  親からの資金援助も、場合によっては、贈与とみなされます。

 その援助が、法律上の金銭貸借のかたちをとれているなら、問題はありません。しかし金銭貸借では借りた側が返済義務を負うので、「お金を返した」という実績が必要です。

 もし「長い時間をかけ、返すつもりだ」というなら、銀行金利と同程度の利息を返済時につけなくてはなりません。無利息の金銭貸借だと、税務調査では、贈与と判断される可能性が高くなります。

 家族内の気軽さで行う取引で、贈与税のトラブルをおこさないように注意しましょう。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る