年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

贈与による節税対策のメリットとデメリット

贈与による節税対策のメリットとデメリット

贈与税は相続税よりも高い?

 贈与は、課税されると相続税より税率が高くなります。いかに非課税の範囲内で行うかが、重要になります。

 贈与には、110万円の基礎控除を年ごとに受けられる暦年贈与と、2500万円の非課税限度額が相続する日まで与えられる相続時精算課税に分けられます。そのほかに、贈与の特例が各種あります。

 このうち相続時精算課税は、納税を猶予してもらって相続財産を前借りするもので、贈与のかたちとしては特殊です。本章ではとりあげず、第3章で詳しく説明します。

 暦年贈与と贈与の特例には、それぞれ長所・短所があります。

 暦年贈与の基礎控除は110万円。大きな財産を無税で動かすには、何年もかけるか、多人数に対して行う必要があります。

 一方で、贈与を受けた金額が基礎控除内におさまっている限りは、申告する必要がありません。誰にでも贈与でき、受け取った側がその財産を何に使うかは、まったく自由です。

 その点で、暦年贈与は贈る側が手軽におこなえ、受け取る側も気軽に使える贈与といえるでしょう。

非課税枠を使った贈与の特例

 一方、贈与の特例は、数千万円の非課税限度額が設定されており、大きな金額を一度に贈与できます。

 ただし、財産の使用目的は限定されます。また、多くの場合、財産に使用期限がついています。非課税の枠内で贈与したとしても、期限内に使い切らなければ、残った分に贈与税がかかります。

 贈与できる相手も限られており、おしどり贈与は配偶者のみ、その他の特例は直系尊属(子や孫、ひ孫など)のみが対象です。また、特例と認められるには一定の要件をクリアする必要があり、贈与した年度に申告をしないと、特例として認められず、税が課されます。

 つまり、贈与の特例は、大きな額を非課税で贈与できてお得である一方で、さまざまな制約をともなうものなのです。

 なお、暦年贈与と贈与の特例は、同時に利用することができます。たとえば、子にマイホームの頭金を贈与し、暦年贈与でローンの返済を手伝うといったことも可能です。

 両者の長所を生かし、短所を補いながら贈与を行えば、多くのメリットをいかせるでしょう。

関連性が高い記事

贈与税は誰が支払う?どうなると支払う?

「え、贈与がかえってあの子の負担に?」  贈与という言葉は「贈る側」の行動を指しますが、贈与税は利益を受ける側、つまり「受け取る側」に課されます。受贈税といったほうが、本当は正確かもしれません。  受け取る側に税が課されるということは、贈る側がうまく […]

複数の人から贈与をうけた場合

複数の人から贈与をうけた場合 贈与は、複数人から受けることも考えられます。 複数人から贈与を受ける場合には、贈与税の課税はどのようになるのでしょうか。 2つの課税制度 贈与税には暦年課税制度と相続時精算課税制度というの二つの方法があります。 暦年課税 […]

特定贈与財産とは

1. 特定贈与財産 一定の要件を満たせば、相続税、贈与税が課税されることなく、現在住んでいる不動産を配偶者へ贈与することが出来ます。 今回は特定贈与財産についてご説明したいと思います。 この特定贈与財産とは以下のいずれかに該当するものをいいます。 ( […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る