相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続大辞典

農地編

    市街地周辺農地の相続税評価

    市街地周辺農地の相続税評価 市街地周辺農地の相続税はどのように計算できますか?市街地周辺農地とは、第三種農地またはその近傍農地の売買実例、精通者意見価額等に照らし、第三種農地に順ずると認められる農地を差します。 それで、市街地周辺農地の評価方法は、次 […]

    中間農地の相続税評価

    中間農地の相続税評価 中間農地の相続税は、どのように算定できるのでしょうか? 中間農地とは、第二種農地またはその近傍農地の売買実例、精通者意見価額等に照らして、第二種農地と認められる農地のことです。 中間農地の価額は、その農地の固定資産税評価額に、田 […]

    農地転用許可基準とは

    農地転用許可基準とは 「転用農地」を5種類に区分した「許可基準」が設けられています。 (1)農用地区域内農地。 これは市町村が定める農業振興地域整備計画において農用地区域とされた区域内の農地で、原則不許可の農地です。 (2)甲種農地。 これは第1種農 […]

    甲種農地とは?乙種農地とは?

    甲種農地とは?乙種農地とは? 市街化調整区域内の「甲種農地」と「乙種農地」はどう違うのでしょうか? 「甲種農地(こうしゅのうち)」とは、市街化調整区域内にある農業公共投資の対象となった8年以内の優良農地で、規模が20ha以上、高性能な農業機械による営 […]

    第一種農地とは?第二種農地とは?

    第一種農地とは?第二種農地とは? 農地の第一種また第二種とはどんな区分なのでしょうか? 「第1種農地」とは、農業公共投資(土地改良事業等)の対象となった、補助金をいっぱい使って立派に整備した農地、集団農地、生産力の高い農地で、例えば20ha以上の規模 […]

    農地の相続と農地の転用

    農地の相続と農地の転用 農地をほかの使い道としたい場合、具体的にどのような許可をすればよいのでしょうか?都道府県知事や農林水産大臣の許可が必要です。 (1)都道府県知事が農業振興地域として指定した地域にあって、市町村が「農用地」として利用すべき区域と […]

    農業用施設の相続税評価方法

    農業用施設用地とは、耕作や養畜の業務のために必要な農業用施設に使用される宅地をいいます。農業用施設とは、具体的には、農業振興地域の整備に関する法律第3条第3号及び第4号と農業振興地域の整備に関する法律施行規則第1条によって幅広く定められています。 農 […]

    農地の贈与について

    農地の贈与について 農地法第三条に『農地又は採草放牧地について所有権を移転し、又は地上権、永小作権、質権、使用貸借による権利、賃借権若しくはその他の使用及び収益を目的とする権利を設定し、若しくは移転する場合には、政令で定めるところにより、当事者が農業 […]

    農業経営を行う者の判定

    農業経営を行う者の判定 農業はそのほとんどは家族経営の形態をとっていますが、例えば両親、息子夫婦がその農業に従事する家族間では一体誰が主たる事業主となるのでしょうか。 農業によって得た収入は誰に帰属するのかによって所得税、相続税などの評価に影響します […]

    農地の相続について

    1.農家の相続対策 農家の相続対策は、一般家庭の相続対策と同様に①節税対策、②争続対策、③納税資金対策の三本柱となります。 特に農家の場合には、納税資金について問題になることが多いため納税資金対策は必須と考えられます。 2. まずは現状把握  納税資 […]

    <<前の10件へ  1  2  

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る