年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

農地の相続と農地の転用

農地の相続と農地の転用

農地の相続と農地の転用

農地をほかの使い道としたい場合、具体的にどのような許可をすればよいのでしょうか?都道府県知事や農林水産大臣の許可が必要です。

(1)都道府県知事が農業振興地域として指定した地域にあって、市町村が「農用地」として利用すべき区域として決めた土地、つまり農用地区域は厳しい制限があります。

(2「農用地」と決められていなくても、集団的に存在する農地であり、良好な営農条件を備えている農地として政令で定めるものについては、原則として転用が許可されません。

けれども、次のような場合は、転用が許可されることもあります。

A:農業用施設を作る場合。

B:隣接する土地と一体とした同一事業目的に使う場合。

C:公益性の高い事業の場合。

(3)市街地の区域内又は市街地化の傾向が著しい区域内にある農地で政令で定めるもの(例えば、土地区画整理事業が施行されている区域など)については原則として転用が許可されます。

(4)更に、都市計画法によって、市街化区域に線引きされている区域の農地は、農業委員会に届け出るだけで転用が可能です。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

第一種農地とは?第二種農地とは?

第一種農地とは?第二種農地とは? 農地の第一種また第二種とはどんな区分なのでしょうか? 「第1種農地」とは、農業公共投資(土地改良事業等)の対象となった、補助金をいっぱい使って立派に整備した農地、集団農地、生産力の高い農地で、例えば20ha以上の規模 […]

他人に耕作させている農地の評価

他人に耕作させている農地の評価 農地を所有している人の全てが自分で農業を営んでいるとは限りません。 他人に土地を貸して、耕作しているという場合も多く見られます。 この場合は、どのような契約によって貸しているのかによって、課税の際の土地評価が異なります […]

農家台帳とは

農家台帳とは 農家台帳とは、農業委員会が、権利関係の調整や農業経営の管理などのために設置している台帳のことです。 農地基本台帳、農家基本台帳などがあり、農地に関わるさまざまな権利関係や、農業の経営状況などを、世帯ごとに記録しています。 自分の家に関す […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る