相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

農地転用許可基準とは

農地転用許可基準とは

「転用農地」を5種類に区分した「許可基準」が設けられています。

(1)農用地区域内農地。
これは市町村が定める農業振興地域整備計画において農用地区域とされた区域内の農地で、原則不許可の農地です。

(2)甲種農地。
これは第1種農地の条件を満たす農地であって、市街化調整区域内の土地改良事業等の対象となった農地(8年以内)等特に良好な営農条件を備えている農地で、原則不許可となります。

(3)第1種農地。
これは10ha以上の規模の一団の農地、土地改良事業等の対象となった農地等良好な営農条件を備えている農地で、原則不許可になります。

(4)第2種農地。
これは鉄道の駅が500m以内にある等市街地化が見込まれる農地又は生産性の低い小集団の農地です。周辺の他の土地に立地することができない場合等は許可となります。

(5)第3種農地。
これは鉄道の駅が300m以内にある等の市街地の区域又は市街地化の傾向が著しい農地です。原則許可となります。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初めての経験でしたのでていねいにわかりやすく対応して頂き安心して依頼することができました。

丁寧で的確な仕事に大変満足しています。書き込みや付箋なども、何もわからないこちらにとっては本当にありがたかったです。機会がありましたらまたお願いしたいです。

色々とお世話になりました。  

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る