相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

遺産分割協議が成立する前に、配偶者である母が死亡した場合

Q.遺産分割協議が成立する前に、配偶者である母が死亡した場合

父親が死亡したことによる遺産分割協議が成立する前に、配偶者である母が死亡した場合、母が相続する権利があった1/2の遺産に関しては、母からの相続となるのでしょうか。
それとも、父からの相続となるのでしょうか。

遺産分割協議中の固定資産税は母が代表して納税していました。

よろしくお願いいたします。

A.結論から申し上げますと母からの相続になります。

この度はご質問への投稿ありがとうございます。

結論から申し上げますと母からの相続になります。 ただ、若干ご質問の内容と異なりますのでご説明させていただきます。

まず、父親が先に亡くなっているとの事ですので 父親の遺産分割を先にしなければいけません。

父親が亡くなったことにより母親は法定相続分1/2はありますが 必ずしも、1/2にしなければいけないという訳ではありません。

父親の遺産分割後、母親が100%相続する事になれば 母親が亡くなったことによる相続は父親の遺産を100%次の相続で 課税財産として計上する事になります。

反対に、父親の遺産分割後、母親が0%相続する事になれば 母親が亡くなったことによる相続は父親の遺産を0%次の相続で 課税財産として計上する事になります。 つまり、相続を1つ飛ばせることになります。

連続して相続が発生したとしても、遺産分割が完了しないと 次の相続で財産が確定しない事になります。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る