相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

自動車の相続税評価は“業者買取金額”

自動車の相続税評価は“業者買取金額”

自動車の相続税評価は“業者買取金額”

相続財産の中に自動車がある場合、相続税申告の計算に含める必要があります。
そのためには、いくらの価値があるのか見積もる必要があります。自動車の相続税評価については、財産評価基本通達において次のように定められています。

財産評価基本通達129 (一般動産の評価)

一般動産の価額は、原則として、売買実例価額、精通者意見価格等を参酌して評価する。ただし、売買実例価額、精通者意見価格等が明らかでない動産については、その動産と同種及び同規格の新品の課税時期における小売価額から、その動産の製造の時から課税時期までの期間(その期間に1年未満の端数があるときは、その端数は1年とする。)の償却費の額の合計額又は減価の額を控除した金額によって評価する。
(昭41直資3-19・平20課評2-5外改正)

これによると、自動車は“売買実例価額”で評価することになっています。では、“売買実例価額”とは何でしょうか?

簡単に説明すると、相続開始日当日に仮に売った場合にいくらになるのかという価額のことを言います。つまり、“換金価値”です。お金に替えた場合にいくらになるのかというのが基準になります。

“売買実例価額”の具体的な調べ方

現在では、インターネットで簡単に調べることができます。ただ、よくある間違いは、車の販売価格を調べてしまうことです。販売価格は、“販売業者の利益”が乗っていますので、高めの評価が出てしまいます。そうではなく、実際に業者に買い取ってもらった場合にいくらになるのかという買い取り価格を求める必要があります。

この買い取り価格は以下のサイトが参考になります。

参考サイト:みんカラ買い取り相場

車検登録の名義が被相続人以外の場合でも財産計上する必要がある場合がある

仮に車検登録の名義が被相続人以外であったとしても、資金の拠出者が被相続人であればその自動車は名義資産として相続財産として計上しなければいけない可能性があるので注意が必要です。

 

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

説明がわかりやすく、こちらが知りたいことを的確に答えていただきました。 また、メールの内容もわかりやすく、質問に対しても早急な回答をいただき助かりました。 料金も当初の見積とほとんど変わらず、わかりやすかったです。

2017~2019年にかけて大変お世話になり誠にありがとうございました。 「遺産相続」という言葉でさえ縁遠いものでしたので全てをお任せすることとなりましたが、 丁寧な対応と適格な説明をしてくださる担当者様でしたので、心から信頼できました。 また担当者 […]

相続の手続きが初めての事で、何もわからず■■さんからのご紹介で伺うことになりました。 初回の電話対応からお世話になりっぱなしで、お手数をお掛けしたことと思います。 その都度、丁寧にお教えいただきとても参考になりましたし、勉強にもなりました。 資料を揃 […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る