相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

少額贈与の場合の課税関係

少額贈与の場合の課税関係

少額贈与の場合の課税関係についてですが、贈与をするときに気をつけなければならないのは、年間贈与額を110万円以下にすることで、もし110万円を超えた場合には贈与税がかかってしまいます。

なので、毎年110万円以下の少額贈与を地道に続ければ贈与・相続両方の税金がゼロ、ということなのです。

ただし、贈与が年間110万円を超えないから、贈与税がかからないといって、毎年一定額の贈与を続けていくことは逆にこうしたお金は定期金と見なされて高い贈与税がかかってしまうことがあります。

なので、定期金と見なされないためには、毎年、年によって金額を変えることや、途中で休止期間を作ること、株券などでの贈与をすること、ときには、10パーセントの税率の範囲内で贈与税を払った上で、証拠となるものを残しておくことや、贈与契約を公正証書(公証人が公証人法などに基づいて作成する書類のことで、執行力を持ちます)の形に残すなどの工夫をする必要があります。

なお、贈与をする際においては、振り込みなど証拠が残る方法をとって行うようにした方がよいでしょう。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

両親が生前に資産を整理していない状態のまま亡くなってしまいましたが、準備すべき事項を教示いただき、資産を洗い出すことができました。Eメールのやり取りで手続きをすすめることができ助かりました。税申告に関してきちんと助言をいただけました。 不動産の相続に […]

今回の相続税申告につきましては、大変お世話になりました。 いろいろと学ばせていただくことが多く、今後の相続においても活かせる点が多くありました。 本当にありがとうございました。

この度は、色々と細かい所まで、丁寧に対応していただいてありがとうございます。 最初は高額なお値段におどろきましたが、終わってみたら、お値段以上の価値があると感じました。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る