相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

贈与契約書に貼る印紙はいくらか?

贈与を行う場合、贈与契約書の作成が必要ですがこの贈与契約書には印紙が必要なケースと不要なケースがあります。

では必要なケースとはどのような場合でしょうか?印紙の金額はいくらでしょうか?

(1)贈与が不動産以外(現金や株式など)の場合

贈与契約書に貼る印紙はいくらか?

不動産以外の贈与であるなら、贈与契約書に印紙を貼る必要はありせん。

(2)贈与が不動産の場合

贈与契約書に貼る印紙はいくらか?

不動産の贈与であるなら、贈与契約書に一律200円の印紙を貼る必要があります。

★注意すること

贈与契約書に貼る印紙はいくらか?

不動産の贈与をおこなう場合は、一律200円の印紙を貼ることになります。しかし、贈与契約書の記載内容によっては贈与契約書に添付する印紙の金額が変わってくる(増加する)可能性があるので注意が必要です。

なぜ、贈与契約書に添付する印紙の金額が増加する場合があるのでしょうか。それは、贈与契約書に記載されている金額によって添付する印紙の金額が異なってくる仕組みになっているからです。

例えば、贈与契約書に「××円の建物を贈与しました。」という金額の記載をした場合には、印紙代200円を添付したとしても印紙代が不足しているという事態が生じてしまいます。

ですから、
建物や土地を贈与する際に金額を記載しないのであれば200円の印紙を貼るだけで十分ですが、金額を記載したら、金額に合わせた印紙が必要になるということです。

不動産を贈与する場合の贈与契約書には、金額を書かないで作成する方が良いでしょう。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

預金に関して不明のものや、相続されたものに賃貸物件が含まれていたので、HPから相続税専門の御社に依頼させて頂き、最初の面談からとても丁寧で、最後までとても満足のいくものでした。 相続とは別に確定申告の質問にも快く答えて下さったり、土地・家屋の評価につ […]

初めての相続手続でしたが、懇切丁寧に相談に乗っていただき大変助かりました。 問い合わせはメールが中心でしたが、迅速に回答していただき有難うございました。

相続手続きについてその手順、要点を分かり易く説明して下さり、こちらの理解も深まりました。また必要な資料収集、整理等についても作業がスムーズに捗り大変ありがたかったです。担当者が男女二人おられた点も場の雰囲気が和らぎ、話し易く良かったと思います。

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る