相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

著しく低い価額とは

著しく低い価額とは

相続税法第7条において、「著しく低い価額の対価で財産の譲渡を受けた場合においては当該財産の譲渡があつた時において、当該財産の譲渡を受けた者が、当該対価と当該譲渡があつた時 における当該財産の時価(当該財産の評価について第3章に特別の定めがある場合にはその規定により評価した価額)との差額に相当する金額を当該財産を譲渡 した者から贈与(当該財産の譲渡が遺言によりなされた場合には、遺贈)により取得したものとみなす。」という記述があるのですが、この「著しく低い価額」とは、どのような基準が設けられているのでしょうか?

これには一応目安があって、財産を譲り受けた際、その資産を販売する場合に付く価格の半分に満たない額、というふうに定められているようです。

ただし、これには例外もあって、例えば法人が役員などに資産を著しく低い価額により譲渡した場合、その資産の譲渡等が、法人の中で勤続年数や成績などによる合理的な基準で定められた値引率に基づいて決められた価格で行われたものであれば、「著しく低い価額」とは見なされません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

不明点等、よくメールにて問い合わせをさせて頂きましたが、 いつも迅速・丁寧なご回答をいただき、大変感謝しています。有難うございました。

他社様に相談の流れが動き出しておりましたが、私がチェスター様に依頼した理由は、借地権付建物売買、新築場所、古建物取壊し後建築を始め、亡き主人の借り入れ先との問答等、不安で頭がいっぱいの時、息子の強い勧めでした。 保険、預貯金、使途不明金、生前中の複雑 […]

相続税の申告期限まで時間が短い中だったが、タイムスケジュール管理も含め、丁寧にご対応を頂けたと感じた。 2次相続の際やその事前準備までもご相談に乗って頂きたい。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る