相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

著しく低い価額とは

著しく低い価額とは

相続税法第7条において、「著しく低い価額の対価で財産の譲渡を受けた場合においては当該財産の譲渡があつた時において、当該財産の譲渡を受けた者が、当該対価と当該譲渡があつた時 における当該財産の時価(当該財産の評価について第3章に特別の定めがある場合にはその規定により評価した価額)との差額に相当する金額を当該財産を譲渡 した者から贈与(当該財産の譲渡が遺言によりなされた場合には、遺贈)により取得したものとみなす。」という記述があるのですが、この「著しく低い価額」とは、どのような基準が設けられているのでしょうか?

これには一応目安があって、財産を譲り受けた際、その資産を販売する場合に付く価格の半分に満たない額、というふうに定められているようです。

ただし、これには例外もあって、例えば法人が役員などに資産を著しく低い価額により譲渡した場合、その資産の譲渡等が、法人の中で勤続年数や成績などによる合理的な基準で定められた値引率に基づいて決められた価格で行われたものであれば、「著しく低い価額」とは見なされません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続には不案内の私共の質問に、穏やかにわかり易くご説明頂き安心して過ごすことができました。 田舎に混み入った山林や田畑があり少し時間を要しましたが、完遂して頂き、安堵致しました。有難うございました。

電話、メールでの対応が、きめ細く満足でした。

短期間でも間に合わせていただき、助かりました。(約10日)

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る