相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

住宅取得等資金の非課税について

住宅取得等資金の非課税について

住宅取得等資金とは、その名の通り、住宅を取得するための資金のことです。

親や祖父母などから、住居用の家を新築したり購入、増改築するためにもらった金銭のことをいいます。

具体的にいいますと、新築したときの工事費用や住宅を購入した場合はその売買費用、増改築の場合はそれにかかわる工事費用、また、別途建築士に支払いが発生した際にはその設計費用などです。

このような住宅取得等資金の贈与税は特例の対象となっており、一定条件を満たせば、規定の金額が非課税となります。

金額は、平成22年は1,500万円まで、平成23年の贈与の場合は1,000万円までが非課税となっています。

なお、この特例を受けるためには、贈与を受けたときに日本に住所があることや、贈与年の1月1日時点で20歳以上であること、贈与を受けた年の合計所得金額が2,000万円以下であること、などが基本条件となります。

また、対象になる住宅についても一定条件があります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初めから、最終まで、全て万全な対応で、ここに決めて本当に正解でした。 完ペキとも言える、システム化された流れ、整備させた書面等の美しさ、 担当の二宮様、室井様も素晴らしい誠実な方で、100点満点以上です。 スタッフの方の皆様、日々お仕事ご苦労様でござ […]

説明はわかり易くていねいでした。 数年前に義父の手続きで他の税理士事務所にお願いしましたが、ずっと迅速で無駄なく終わった感じです。 スケジュールもゆとりがあり、助かりました。ありがとうございました。

問い合わせに対して、返答が非常に早くわかりやすかった。二次相続も含めたPLANで今回申請できたので、対応に満足しております。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る