相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

住宅取得等資金贈与とは

住宅取得等資金贈与とは

住宅取得等資金贈与とは、父母や祖父母など直系尊属するからの贈与により、自分の住居のために建てる住宅用の家屋の新築、取得または増改築のための金銭を取得した場合のことを指します。

一定の条件を満たすなら、非課税とされます。

そのためには下記の条件を満たすことが必要です。

(1)贈与を受けた時に日本国内に住所を有していること。

(2)贈与を受けた時に、贈与の直系卑属であること。

(3)贈与を受けた年の1月1日において、20歳以上であること。

(4)贈与者を受けた年の年分の所得税に係る合計所得金額が2,000万円以下であること。

(5)贈与を受けた年の翌年3月15日までに、住宅取得等資金の全額を充てて住宅用の家屋の新築、もしくは取得または増改築をすること。

(6)贈与を受けた年の翌年3月15日までにその家屋に居住する、または、同日後遅滞なくその家屋に居住することが確実であると見込まれること。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

大阪在住なので相続手続きのやり取りがスムーズにストレス無くできるかが私の中では一番のポイントでした。次に安心して任せられる税理士・人かでした。 初めて担当の荒巻さんにお会いするまで正直不安でした。 柔らかい物腰で、こちらの不安に思っている事を的確にア […]

お世話になりました。

相続人同士の疎通ができない状況の、やりにくい案件でありましたのに、上手くとりもっていただき、無事申告を済ませていただいてとても感謝いたしております。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る