相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

住宅取得等資金贈与とは

住宅取得等資金とは、自己の居住の用に一定の家屋を新築、取得、増改築などに充てる金銭のことであり、住宅取得等資金贈与とは、父母や祖父母などの直系尊属から、そのための金銭を贈与されることを指します。

通常贈与に対しては贈与税がかかりますが、住宅取得等資金の贈与については一定の条件を満たすなら、非課税とされます。
条件は下記の通りです。

  1. 贈与を受けた時に日本国内に住所を有していること
  2. 贈与を受けた人(受贈者)が贈与した人(贈与者)の直系卑属であること
  3. 贈与を受けた年の1月1日において、20歳以上であること
  4. 贈与を受けた年における受贈者の年分の所得税に係る合計所得金額が2,000万円以下であること
  5. 贈与を受けた年の翌年3月15日までに、住宅取得等資金の全額を充てて住宅用の家屋の新築、もしくは取得または増改築をすること
  6. 贈与を受けた年の翌年3月15日までにその家屋に居住する、または、同日後遅滞なくその家屋に居住することが確実であると見込まれること

なお、住宅取得等資金の対象には、その家屋の敷地の用に供される土地や借地権などの取得のための諸費用も含まれます。

住宅取得等資金贈与の非課税特例の申告方法と必要書類

住宅所得等資金贈与の非課税制度を適用するには、非課税の特例の適用を受ける旨を記載した贈与税の申告書に、計算明細書、戸籍謄本、住民票の写し、登記事項証明書、新築や取得の契約書の写しなどを添付書類として納税地の所轄税務署に申請する必要があります。

手続きができるのは、贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までです。

【関連記事】

相続時精算課税制度と住宅取得等資金贈与の併用で3,700万円の贈与税が非課税に!
住宅取得資金と暦年贈与を組み合わせると最大3,110万円まで贈与税がかからない?

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 などでお困りの方へ
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

今まで、税理士さんと関わることがなくて、最初にお会いする時は、緊張してしまいました。しかし、穏やかで丁寧に説明してくださるので、安心いたしました。いろいろとお世話になりまして、ありがとうございました。

仕事の関係で、日中の連絡が取り難いところ、 (おそらく時間外にも係らず)当方の都合の良い時間帯(夜間)に対応してくださいました。 内容的にも(相続関係)とても丁寧にまとめていただき、 依頼したことで何よりも安心感(手続等に関しての)を得られたことに感 […]

必要書類のそろえ方や、様々な制度について、1つ1つ分かりやすいご説明をしていただき助かりました。 疑問にも丁寧で迅速なご対応を頂き安心してお任せすることができて、感謝しております。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る