相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

住宅取得等資金贈与とは

住宅取得等資金とは、自己の居住の用に一定の家屋を新築、取得、増改築などに充てる金銭のことであり、住宅取得等資金贈与とは、父母や祖父母などの直系尊属から、そのための金銭を贈与されることを指します。

通常贈与に対しては贈与税がかかりますが、住宅取得等資金の贈与については一定の条件を満たすなら、非課税とされます。
条件は下記の通りです。

  1. 贈与を受けた時に日本国内に住所を有していること
  2. 贈与を受けた人(受贈者)が贈与した人(贈与者)の直系卑属であること
  3. 贈与を受けた年の1月1日において、20歳以上であること
  4. 贈与を受けた年における受贈者の年分の所得税に係る合計所得金額が2,000万円以下であること
  5. 贈与を受けた年の翌年3月15日までに、住宅取得等資金の全額を充てて住宅用の家屋の新築、もしくは取得または増改築をすること
  6. 贈与を受けた年の翌年3月15日までにその家屋に居住する、または、同日後遅滞なくその家屋に居住することが確実であると見込まれること

なお、住宅取得等資金の対象には、その家屋の敷地の用に供される土地や借地権などの取得のための諸費用も含まれます。

住宅取得等資金贈与の非課税特例の申告方法と必要書類

住宅所得等資金贈与の非課税制度を適用するには、非課税の特例の適用を受ける旨を記載した贈与税の申告書に、計算明細書、戸籍謄本、住民票の写し、登記事項証明書、新築や取得の契約書の写しなどを添付書類として納税地の所轄税務署に申請する必要があります。

手続きができるのは、贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までです。

【関連記事】

相続時精算課税制度と住宅取得等資金贈与の併用で3,700万円の贈与税が非課税に!
住宅取得資金と暦年贈与を組み合わせると最大3,110万円まで贈与税がかからない?

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る