相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

住宅建築資金の援助と相続税

住宅建築資金の援助と相続税

家を新築したり、購入したりするときには、大きな買い物ですから、現金一括払いで購入できる人はそれほど多くはないでしょう。

一般的なサラリーマンの家庭でしたら、銀行などで住宅ローンを組んだり、会社から借りたり、また親に援助してもらったりすることがあると思います。

もし親から住宅建築資金を出してもらった場合、これは贈与となり、110万円以上の贈与が認められた場合には、課税対象となってきます。

生前贈与を受けた際には、相続時精算課税制度が利用できます。

これを利用すると、2,500万円まで贈与税が控除されます。

しかし、相続が発生した時点で、相続財産に贈与分を含めて計算しなければなりませんので、特に節税対策になるかといえば、そうでもなく、ただ生前贈与がスムーズに行えるというのが利点です。

なお、この制度を利用するには、65歳以上の親から子ども(20歳以上)への贈与である必要があり、1度提出すると撤回することはできません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

特に問題なくスムーズに手続きが済んだと思います。

申告まで時間の無い中、素早く対応していただき、ありがとうございました。

書類等を送りましても届くと直ぐTEL下さり安心です。 はじめての経験で不安、心配もありましたが全て心配ありませんでした。 納得のいく説明にも関心致しました。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る