相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

分与財産と贈与財産

民法では、『贈与とは、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思表示をし、相手方が受諾することによってその効果が生ずる』契約であるとされます。

贈与者から受贈者へ与えられた財産を贈与財産と呼びますが、贈与財産には金銭はもちろんのこと、土地、借地権、有価証券、宝石、家具なども含まれ、その全てが贈与税の課税対象になります。

第三者間だけでなく、親子、親族間の贈与も贈与税対象になります。

では夫婦の離婚による財産分与で夫から妻へ移動した財産は贈与として扱われ、贈与税が課されるのでしょうか?

夫婦の離婚により相手方から財産をもらった場合、これは贈与財産ではなく分与財産と呼ばれ、通常贈与税がかかることはありません。

これは、財産分与は結婚期間中に夫婦の協力で得たとされる財産を離婚時に分配するものですので、相手方から贈与ではないとされるからです。

分与財産は夫婦の協力によって得られた財産の分配に限られていますので、分与された金額が多すぎると判断された場合はこの分に別途贈与税が課されることもあります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

不明な点について問い合わせた際、主担当の方がご不在でも、別の方が回答して下さり、二度手間にならず助かりました。 適宜途中経過を報告下さったので、不安になることなく過ごせました。

親身に対応していただいた。

申告期限内に手続きを終わらせていただいた事、感謝しております。 足を運ぶ回数も最小限にしていただき、助かりました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る