相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

無利子の贈与

無利子の贈与

通常の第三者間での賃借契約は、その借りたぶんに対する利子が発生するのは当然のことと言えます。

しかし親子間、親族間の場合、無利子での融資やある時払いなどでお金を貸し借りすることが多々あります。

この場合の賃借ですが、贈与とされるのか、親子間であれきちんとした賃借契約を結んでいるとされるのかで、借りた金銭にかかる税額は大幅に変わります。

マイホーム購入時に親からその一部を融通してもらうことはよくあることですが、これを親からもらったものであるとしてしまうと贈与税がもちろん課税されます。

親から借りたものであって、数年かかって返済するという契約であるとしても、無利子の場合は贈与であるという疑いをもたれてしまいます。

それを回避するためにも、返済の際は親の銀行口座への振込みをして返済しているという証拠を残す必要があり、それを怠りしばらく返済が滞っていたりすると親からの贈与であるとみなされ贈与税を加算される恐れがありますので注意が必要です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続だと毎年のことではなく、スポットでの依頼なので、お互いたいへんだと思いました。

税理士さん達は真面目で信頼できそうという印象でした。遠隔地に住んでいますが、殆ど東京に行く必要なく、手際よく処理して下さり、電話やメールでの細かい質問にも随時迅速に分かりやすく説明して下さって助かりました。 土日や夜にも電話で相談できるのはとても便利 […]

安心してお任せすることが出来、滞りなく終えることが出来ました。感謝致しております。又、今後も相談事など、御指導頂きたく思っております。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る