相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

店舗兼住居の贈与について

店舗兼住居の贈与について

婚姻期間が20年以上の配偶者から住居用の不動産や住居用不動産の購入資金を贈与された場合、贈与税の配偶者控除の特別措置を受けることが出来ますので、2000万円までの贈与税が控除されます。

配偶者控除分に基礎控除額の110万円を足して、2110万円までは無税になるのです。

ではその物件が店舗権住居である場合、この配偶者控除の特例は受けられるのでしょうか?

贈与税の配偶者控除を受けられるものは住居用の不動産か住居用不動産の購入資金とあり、住居用であるかないかに重きを置かれています。

店舗権住宅の場合はその住宅部分のみにこの特別控除が受けられますので、土地面積のうち住居部分が占める割合によって受けられる控除額が変わってきます。

住居部分が全体の90%を占める物権であれば店舗部分も含めすべてに配偶者控除を受けることができます。

住居部分が90%以下の場合、物件を住居専用部分、店舗専用部分、共有部分に分け、妻の持分の割合と住居部分の割合のより小さいほうの割合で適用されます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

迅速な対応、こまめなご連絡をいただき安心して任せられました。ありがとうございます。

当方が行うべきことについてしっかりした指示がいただけたこと。 当方の質問に回答していただけたこと。 期限内申告ができたこと。

親身に対応していただいた。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る