相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

増築と贈与の関係

増築と贈与の関係

現在両親が住んでいる家屋を増築する際、親が高齢でローンを組めないなどを理由にその増築費用を子供が負担するケースはよくあることです。

自分もその家に住む場合は自分の家でもあるわけですから、親に弁済を求めず増築費用を子供が負担してもよいと考えるかもしれません。

増築部分には子供が生活をすることとして独立して登記できれば問題はないのですが、増築の場合多くがこのような独立構造をとっておらず、登記上は親のものである家屋に子供の資金で増築したとみなされ、子供から親への贈与に当たるとして増築費用に贈与税が課税されてしまいます。

このような事態を避けるためにも事前に準備をしておく必要があります。

増築前に親名義で登記されていた家屋を、子供が支払った建築資金に相当する建物の持分を親から子供へ移転させて共有のものとし、共有登記に変更します。

すると親への贈与ではなくなり自分たちのための増築となりますので親が贈与税を課されることもなくなります。

しかしこの場合、親の持分を子供に譲渡したとみなされ所得税を課されることがあります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続人の間でなかなか話し合いのできないことも、 プロとして中立的な視点で間に入っていただき、大変助かりました。 初めてのことで不安も多かったのですが、とても丁寧に対応していただき、安心してお任せすることができました。

常に懇切丁寧に対応して頂きました。感謝しています。

自分では気づかない点もきっちり申告していただき、満足しています。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る