相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

贈与者と推定相続人

贈与者と推定相続人

第三者間ではもちろんのこと、親子間でも金品の贈与がなされることは多々あります。

親子間の場合、贈与税と相続税は表裏一体の関係にあり、この二つの税制を一体化させる措置として制定されたのが相続時精算課税です。

これは贈与者が自分の推定相続人に生前贈与として財産の一部を与える場合、実際の相続があったときはすでに贈与されている分の財産も相続財産として扱い、贈与額分も加算し相続税を計算します。

その上であらかじめ納付した贈与税分をその相続税分から差し引くことが出来る制度です。

相続時精算課税を選択すると、2500万円までの特別控除を受けることが出来ます。

この特別控除を受けるには条件があり、贈与者は贈与の年の1月1日時点で65歳以上であること、受贈者は20歳以上の推定相続人でなければなりません。

国税庁によると、推定相続人とは『贈与をした日現在において、その贈与をした人の直系卑属のうち、最も先順位の相続権(代襲相続権を含みます。)のある人』のことを指しますので、贈与者の実子であれば推定相続人であるといえます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初めての相続でしたが、様々な適切なアドバイスをいただきありがとうございました。 おかげさまで、無事、税務署への申告が終わりほっとしております。 知り合いにも御社をおすすめしたいと思います。

親が死んだ時、一番大変な事が「相続」と聞いていました。 自分自身にふりかかると、とても大変で大事な仕事です。 母の手書きの遺言があり検認も済み母の願い通りに進めて行こうとしましたが妹がなかなか納得せずすみませんでした。 しかし、税理士さんの的確なご指 […]

*報酬も計算式があって明確。 *申告書:カラフルな目次で非常に見易い仕上がり。挿入資料も証憑書類に加え、現地写真、実測値、地図、yahooによる株関係資料も適宜掲載され、実態が容易に確実に把握できる内容・構成になっている(見る者に親切になるような製本 […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る