相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

贈与者と推定相続人

贈与者と推定相続人

贈与者と推定相続人

第三者間ではもちろんのこと、親子間でも金品の贈与がなされることは多々あります。

親子間の場合、贈与税と相続税は表裏一体の関係にあり、この二つの税制を一体化させる措置として制定されたのが相続時精算課税です。

これは贈与者が自分の推定相続人に生前贈与として財産の一部を与える場合、実際の相続があったときはすでに贈与されている分の財産も相続財産として扱い、贈与額分も加算し相続税を計算します。

その上であらかじめ納付した贈与税分をその相続税分から差し引くことが出来る制度です。

相続時精算課税を選択すると、2500万円までの特別控除を受けることが出来ます。

この特別控除を受けるには条件があり、贈与者は贈与の年の1月1日時点で65歳以上であること、受贈者は20歳以上の推定相続人でなければなりません。

国税庁によると、推定相続人とは『贈与をした日現在において、その贈与をした人の直系卑属のうち、最も先順位の相続権(代襲相続権を含みます。)のある人』のことを指しますので、贈与者の実子であれば推定相続人であるといえます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

保険関係でどうしても理解出来ない事も丁寧に何度でも教えて頂き、有り難い事でした。 冷静で的確で良い感じを受けました。 本当にありがとうございました。

最初の無料相談のときから、税理士さんが2名出席してもらえたのがよかったです。 他の事務所はあまり税理士さんは出て来ませんでした。あと資料も充実していました。

納付期限まで3ヵ月を切っていましたが、きっちりと対応していただきました。 その分割高にはなりましたが、土地の相続にあたり特例を適用していただくなど、相続金額を減額することもできました。 すべてをお任せすることで手間を省き、安心することもできました。本 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る