相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

公益社団の贈与とは

公益社団の贈与とは

そもそも公益社団法人とは、一般社団法人設立後に交益認定を受けた法人のことです。

ある人が、自分の土地や建物等の資産をある法人に寄附した場合に、その寄附したものにはその時価で譲渡したものとみなされ、そのものを取得した時の価値から寄付した時までの差額、つまり上がり値に対して税金が課されます。

しかし、租税特別措置法第40条には『公益法人等に対する財産の贈与又は遺贈で、当該贈与又は遺贈が教育又は科学の振興、文化の向上、社会福祉への貢献その他公益の増進に著しく寄与すること、当該贈与又は遺贈に係る財産が、当該贈与又は遺贈があつた日から二年を経過する日までの期間内に、当該公益法人等の当該公益目的事業の用に直接供され、又は供される見込みであることその他の政令で定める要件を満たすものとして国税庁長官の承認を受けたものについても、また同様とする(財産の贈与又は遺贈がなかつたものとみなす)。』と記されています。

つまり、公益社団法人等に資産や遺産を寄付した場合、それが公益に資すると認められた場合に、その税金の免除を受けることが出来ます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

・ささいな質問にも、わかりやすく説明してくれた。 ・今後の相続対策についてもアドバイスしてくれた。 ・話しやすくて相談しやすかった。

説明も明確で、わかりやすかったです。おかげ様で無事相続を終えました。 法務局の手続きも問題なくできそうです。ありがとうございました。

証券会社の紹介でチェスターさんを選びました。 ご縁があった担当の石塚先生を信頼し、すべておまかせするとともに、最善の努力をしていただくことを望みました。 先生には、お忙しい中、自宅まであしを運んでいただいたり、 いろいろお世話になり、相続の手続きを終 […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る