相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

負担が不当に減少しないとは

負担が不当に減少しないとは

たとえばある人が自分の資産を特定の個人に相続させる場合、その相続した個人に対して相続税が課されます。

もし個人ではなく法人が特定の個人の財産を取得した場合、それには法人税が課せられます。

しかし、そのように相続した財産の納税義務を個人だけに限ってしまうと、財産を個人以外のもの(法人や社団等)に譲渡して、税金の負担を回避する場合があります。

そこで相続税法では、その財産を、代表者がいるような団体(たとえば交友会、青年団等) に相続する場合にその団体を個人とみなし相続税を課すこととしています。

さらに、ある人が特定の法人に財産を寄贈する場合に、その人の親族や関係者の税金の負担が不当に減少すると認められるときにもその法人を個人をみなして相続税が課されます。

しかし、租税特別措置法によると、その財産を取得する法人が、国税庁長官の承認をうけた医療法人等である場合負担が不当に減少しないものとみなされます。

その場合はその法人が個人とみなされ、課税を受けることはありません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

質問にすぐに、解答していただき、助かりました。 説明もわかりやすく、資料など集めやすかったです。ありがとうございました。

・事務所に伺わずとも、郵便や電話で丁寧に連絡をいただけた。 ・依頼者の利益を優先して処理を進めて下さり、質問や相談に親切・丁寧にお答えいただけた。 大変お世話になりました。ありがとうございました。

仕事ぶりには、大変満足しています。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る