相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

贈与にかかる税金

贈与にかかる税金

ある人が、生きている人から金銭や物等の財産をもらった場合に、そのもらった人に対して贈与がなされたことになります。

そして、そのもらった物もしくは金額に対して税金が課せられます。

そもそも、なぜそのような税金が必要なのでしょうか。

それを知る為には相続税について知る必要があります。

相続税とは、ある人が亡くなった時に、その財産を受け取る人に対して、その財産の価格の分に対して課せられる税金を指します。

しかし、もし亡くなった人が、その生きている間に全ての財産を他の人に譲った場合、相続税は課せられないことになります。

そこで、その様な税金逃れを防ぐために、贈与税が設けられました。

贈与税は、相続税より高く設定されています。

財産を受け継ぐ人が、財産を受け取る場合、しかも一度に受け取る場合には、生前より亡くなった後に受け継ぐ方が、その財産に課せられる税金は安くなるのです。

しかし、生前に財産を受け取る場合、つまり贈与の場合、その贈与に課せられる税金にもいろいろな規定があり、それを上手に利用すれば、税金を節約することができます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続の事とか、税金の事とか、全く知識がなかったのですが、何度も我家に足を運んで下さり、ていねいに処理をして下さった事に感謝しています。ありがとうございました。

何から何までお世話になり、大変感謝しております。 素人の私では相続税の申告および準確定申告の手続きはあまりに難しく、とても出来なかったと思います。 いつもていねいな対応でありがとうございました。

相続の専門知識が豊富、かつ、バッチリ解説していただきました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る