相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

贈与にかかる税金

贈与にかかる税金

贈与にかかる税金

ある人が、生きている人から金銭や物等の財産をもらった場合に、そのもらった人に対して贈与がなされたことになります。

そして、そのもらった物もしくは金額に対して税金が課せられます。

そもそも、なぜそのような税金が必要なのでしょうか。

それを知る為には相続税について知る必要があります。

相続税とは、ある人が亡くなった時に、その財産を受け取る人に対して、その財産の価格の分に対して課せられる税金を指します。

しかし、もし亡くなった人が、その生きている間に全ての財産を他の人に譲った場合、相続税は課せられないことになります。

そこで、その様な税金逃れを防ぐために、贈与税が設けられました。

贈与税は、相続税より高く設定されています。

財産を受け継ぐ人が、財産を受け取る場合、しかも一度に受け取る場合には、生前より亡くなった後に受け継ぐ方が、その財産に課せられる税金は安くなるのです。

しかし、生前に財産を受け取る場合、つまり贈与の場合、その贈与に課せられる税金にもいろいろな規定があり、それを上手に利用すれば、税金を節約することができます。

 

 

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

  相続税の申告等、全く無知な私でチェスターさんの様なお仕事の業界がある事を全く知りませんでしたので、 今回のお仕事振りにどんなに有難く思いました事か、心より感謝致しております。 又、チェスターの平根様を御紹介下さった証券会社の■■様にも本 […]

何ぶん初めてのことなので、不安が多かったのですが、一任する形で出来、安心できました。ありがとうございました。

この度は、父の相続の件で大変お世話になりました。 夫婦間の資産移動の問題等により資料を揃えるのに手間取り、申告が期限間際となってしまいましたが、適切な処理により無事終えることができ感謝しております。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る