相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

贈与税と税率

贈与税と税率

贈与税は、贈与を受けた人がその年の1月1日から12月31日までに受けた贈与に対して課税されます。

例えば一度に4人の人から贈与を受けることがあっても、その人数は関係なく、あくまで贈与を受けた人に対して、その受けた贈与に対して課税されます。

この制度によって、不正に相続税を減らしたり、相続税の不公平感を減らす、その様なことが可能になります。

例えば、同じ額の財産を有する二人の人がいて、一人は子供に対して生前に贈与したので、相続税は課せられないというのであれば、やはり不公平です。

むしろ、贈与税の税率は高額に設定されており、この制度をあまり知らないで生前に贈与すると、大きな税負担を負う事になります。

さらにその税率については、控除を差し引いた課税価格に応じてそれぞれ10%-50%に設定されており、また控除価格もそれぞれ決められています。

さらに特例として、贈与税の配偶者控除や、相続時精算課税制度、住宅取得資金贈与税の特例があります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

親切な対応でした。

相続税の申告は、税法に基づいて計算されるので、どの税理士に依頼しても同じだと思い、地元の税理士に頼みました。 しかし、申告してからずっと評価が高いのではないかと思い、4年以上経過しネットで相続税修正申告で検索したところ、御社がヒットし相談いたしました […]

相続税の申告が迫る中、短い期間で迅速に対応して頂きありがとうございました。 申告項目の一つ一つの根拠法文等をご説明頂き安心して申告を完了することが出来ました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る