相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

贈与税と税率

贈与税と税率

贈与税と税率

贈与税は、贈与を受けた人がその年の1月1日から12月31日までに受けた贈与に対して課税されます。

例えば一度に4人の人から贈与を受けることがあっても、その人数は関係なく、あくまで贈与を受けた人に対して、その受けた贈与に対して課税されます。

この制度によって、不正に相続税を減らしたり、相続税の不公平感を減らす、その様なことが可能になります。

例えば、同じ額の財産を有する二人の人がいて、一人は子供に対して生前に贈与したので、相続税は課せられないというのであれば、やはり不公平です。

むしろ、贈与税の税率は高額に設定されており、この制度をあまり知らないで生前に贈与すると、大きな税負担を負う事になります。

さらにその税率については、控除を差し引いた課税価格に応じてそれぞれ10%-50%に設定されており、また控除価格もそれぞれ決められています。

さらに特例として、贈与税の配偶者控除や、相続時精算課税制度、住宅取得資金贈与税の特例があります。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る