相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

贈与税の納税義務者

贈与税の納税義務者

贈与税の納税義務者

贈与税の納税義務者は普通、贈与を受けた個人を指しますが、他にも人格のない社団等や公益法人等も個人とみなして税金が課せられることがあります。

さらに、贈与税の納税義務者は2種類に区分されます。

一方は無制限納税義務者で、もう一方は制限納税義務者です。

詳しく説明すると、財産取得時に国内に住所がある人を居住無制限納税義務者と呼びます。

その財産が国内か国外かを問わず、全ての財産に対して税金が課せられます。

財産取得時に国内に住所が無い人で日本国籍を持つ人を、非居住無制限納税義務者と呼びます。

やはり、その全ての財産に対して税金が課せられます。

しかし、贈与をする側も受ける側も5年以上海外に住所がある場合制限納税義務者となり、日本国内にある財産のみ課税の対象となります。

最後に日本国籍を持たない人は制限納税義務者と呼ばれ、日本国内にある財産を受け取った贈与のみ課税の対象となります。

さらに、日本以外で自分が住む場所における贈与税に相当するものをすでに支払っている場合、贈与税から一定の金額が差し引かれます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

私が考えていた計算方法と違った方法の提示を頂きました。相談して良かったと思います。

最初の相談時から、準確定申告~相続税の申告・納税までの長期間ではありましたが 解りやすく丁寧な説明でとても良かったです。 また、個人ではとても出来ることではなく、本当に依頼して良かったと大変満足しています。

疑問点、不明点などを気軽に相談できたこと。 電話、メールなどの連絡を常に欠かさないこと。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る