相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

信託の贈与とは

信託の贈与とは

まず信託とは、財産を運用会社に預けて、財産の運用、管理、処分を任せることをいいます。

特定贈与信託(重い障がいがある子供への贈与について)通常、財産を信託する人(=委託者)と、信託した財産からの利益を受ける人(=受益者)が違う場合は、贈与税が課税されます。

しかし、子供が重度の心身障がいを抱えている場合、親がその子供の将来のために財産を信託した場合は、最高6,000万円までは贈与税が掛かりません。

これが「特定贈与信託」と呼ばれています。

これは親の死後、子供の生活を保障するためのものであるため、通常の贈与とは異なった扱いとなります。

贈与の仕方一般的に、特定贈与信託の業務は、信託銀行が行なっています。

申告書は必ず信託銀行経由で税務署に申告することになります。

子供に給付される金銭の管理、使用に問題があるときは、代理人や後見人を指名しておくこともできます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

家の場合相続人が3名だけですが、ファイルに色分けした付せんで分かりやすく 面談の説明も懇切丁寧で充分理解出来評判通り難関の税務署も1度でパス出来ました。 チェスターの倉田先生には、感謝しております。お人柄も好感がもてます。

1つ1つの質問に非常にていねいに回答して頂き、不安なく相続税申告書完成まで到達し感謝しております。 当初3つの税理士事務所に見積りを依頼し、清水様、倉田様との面談を通してその誠実な態度に接し、チェスター様に依頼して大変よかったと思っております。

相続手続きがはじめてであったこと。急な相続手続で財産の把握ができていなかったこと。複数の固定資産がある中対応していただいたこと心より感謝しております。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る