相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

香典の贈与

香典の贈与

香典と税金の関わりについて香典、見舞金、お祝い、年末年始の贈答等の金品で、贈与者と受贈者の社会的地位との関係等に照らして社会通念上相当と認められるものについては、贈与税の対象とはなりません。

それで通常、お香典を頂いても、税金はかかりません。

もちろん香典は、相続財産に含まれないと考えられています。

香典が課税対象から除かれる理由なぜなら香典は、遺族の悲しみを慰謝する事を目的とし、遺族の葬儀費用を軽減させるための社会的相互扶助という側面もあります。

つまり、香典は個人葬の時は、一般的に葬儀を行う家庭の経済的負担を軽くするために贈られ、葬儀費用に充てられることも多いとされているからです。

そのため、税務上では相続税や贈与税、所得税などの課税対象から除かれます。

補足この場合、香典が個人から贈られるものか法人かは問われず、贈与税も所得税も課税されないことになっています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

ご担当の方が途中で退職とのことでしたが、最終までやりきっていただけて感謝しています。 ありがとうございました。

書類等を送りましても届くと直ぐTEL下さり安心です。 はじめての経験で不安、心配もありましたが全て心配ありませんでした。 納得のいく説明にも関心致しました。ありがとうございました。

松島さんはとても話し易くて、担当者になっていただき本当に良かったです。こちらは全く無知で恥ずかしい位ですが、何を聞いてもソフトに答えて下さり、家庭教師のお兄さんみたいな感じで、税理士=バリキャリみたいなイメージとは違って、とても助かりました。聞き易い […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る