相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

香典の贈与

香典の贈与

香典の贈与

香典と税金の関わりについて香典、見舞金、お祝い、年末年始の贈答等の金品で、贈与者と受贈者の社会的地位との関係等に照らして社会通念上相当と認められるものについては、贈与税の対象とはなりません。

それで通常、お香典を頂いても、税金はかかりません。

もちろん香典は、相続財産に含まれないと考えられています。

香典が課税対象から除かれる理由なぜなら香典は、遺族の悲しみを慰謝する事を目的とし、遺族の葬儀費用を軽減させるための社会的相互扶助という側面もあります。

つまり、香典は個人葬の時は、一般的に葬儀を行う家庭の経済的負担を軽くするために贈られ、葬儀費用に充てられることも多いとされているからです。

そのため、税務上では相続税や贈与税、所得税などの課税対象から除かれます。

補足この場合、香典が個人から贈られるものか法人かは問われず、贈与税も所得税も課税されないことになっています。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る