相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

贈与税の非課税

贈与税の非課税

親子間の生前贈与は、贈与税の仕組みを十分理解しないで行うと、贈与税がかかる場合があります。

生前贈与を行う場合は事前に贈与税の非課税や特例を理解することが大切です。

贈与税の非課税について贈与税は1月1日〜12月31日の1年ごとに贈与財産について、贈与を受けた人に課税されます。

贈与税には「暦年課税」と「相続時精算課税」という2つの課税方法がありますが、それぞれに非課税枠があります。

贈与税がかからないか、少額で済ませるには、その非課税枠をフル活用するのが最大のポイントです。

同じ親からもらう場合の注意同じ親からの贈与の場合上記の課税方法のどちらかを選択する必要があります。

例えば一方の親から相続時精算課税で贈与してもらう方式を選択したら、その後暦年課税に切り替えることはできません。

母親からは暦年課税で受け取り、父親からは相続時精算課税で受け取るというやり方は可能です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

申告期限が短いにもかかわらず、ていねいにスピーディに処理して頂き感謝しております。ありがとうございました。 担当の方から進捗状況の連絡もあり誠意ある対応でとても安心して期日まで待つ事ができました。

説明の正確さ、見通し、約束等全て発言通りに進めて頂いた。

この度は父母からの相続におきまして大変お世話になりありがとうございました。相続には不動産、金融関係他多様な分野が関係するため当初は誰に相談すれば良いかも判らず途方にくれましたが、インターネットで御社を知り初回の(無料)面談をお願いしました。この面談で […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る