相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

死因贈与とは

死因贈与とは

死因贈与とは、「わたしが死んだらこの土地を与える」というもので、贈与者の死亡によって効力が発生する、生前の財産の贈与契約のことを言います。

遺贈は遺言による単独の行為ですが、死因贈与はあくまでも契約ですので受贈者の承諾が必要となります。

死因贈与と通常の贈与との違い相続税法では、死因贈与の場合にはすべて相続税の課税対象となりますので、通常の贈与と異なり、贈与税の課税対象とはなりません。

死因贈与も遺贈も非常に似ている為死因贈与については、普通の贈与契約と異なり、遺贈についての民法の規定が適用されることとなっています(民法554条)。

また相続税法の上でも、死因贈与と遺贈は同じ扱いとなります。

書面で通常の贈与が行われた場合は、一方的に贈与を取り消す事が出来ないのに違い、遺言と同様に、贈与者の意思を尊重することから、書面があるなしにかかわらず死因贈与契約を取り下げることも可能です。

そのため、死因贈与契約や遺言の書面が複数ある場合、優先的にあとの日付が有効となります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

細かい所までおたずね頂き、無事に終了いたしました事、感謝いたします。 ありがとうございました。

税金のことだけでなく、相続の状況も考慮して話を聞いてもらえたことは、よかったです。

相続手続きがはじめてであったこと。急な相続手続で財産の把握ができていなかったこと。複数の固定資産がある中対応していただいたこと心より感謝しております。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る