相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

受遺者(じゅいしゃ)とは

受遺者(じゅいしゃ)とは

受遺者(じゅいしゃ)とは、遺言により財産を受け取る人のことを言います。
ある人が遺言により、他人に財産を無償で渡す場合(これを「遺贈」といいます)、遺言によって財産を与える人を「遺贈者」といいます。
遺贈と贈与の違い遺贈は、遺贈者による一方的な行為となりますが、贈与は双方の合意のもとに行われます。

遺贈の方法

(1)「包括遺贈」と言われ遺産の全財産または遺産の4分の1などの定の割合を示してする遺贈
(2)「特定遺贈」と言われ、特定の財産を指示して与える遺贈「包括受遺者」と「特定遺贈」の大きな違い「包括受遺者」は、相続人と同じ権利義務があるため、被相続人に借金等の債務がある場合、債務も同時に引継ぐことになります。

遺贈が、包括形式か、それとも特定形式かは重要なポイントになります。
注意受遺者は、遺言の効力が発生したときに生存している必要があります。
受遺者が死亡している場合には、その遺贈は無効とされます。

相続人以外が受遺者になった場合の相続税申告の手続き

相続人以外が遺言により財産を取得することで受遺者となった場合でも、その取得した財産に対して相続税が課されます。
申告方法は、同じ被相続人から相続を受けた他の相続人と一緒に相続税の申告を行う必要があります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

事務所へ何度も伺うことなく、メールや郵送のやり取りでできたことで非常に助かりました。 また全く知識のない私にもわかりやすく丁寧な説明をしていただきました。

短い時間でのお願いにもかかわらず、素早く対応していただきました。 非常に助かりました。

最初の相談時から、準確定申告~相続税の申告・納税までの長期間ではありましたが 解りやすく丁寧な説明でとても良かったです。 また、個人ではとても出来ることではなく、本当に依頼して良かったと大変満足しています。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る