相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

納税猶予と贈与税

納税猶予と贈与税

第三者間であれ親子間であれ、贈与税の基礎控除額である110万円以上の贈与についてはそのすべてに贈与税が課されます。

しかし親から子へのスムーズな事業引継ぎを目的とした贈与の場合、贈与税の納税を猶予されます。

親が農業を営み、その農地を子に一括で贈与する場合、ある一定の条件下で贈与税が納税猶予されます。

その条件とは贈与者が贈与日までに3年以上その農地で農業に従事していたこと、受贈人が18歳以上の推定相続人であり、贈与された農地で引き続き農業を営むと認められていることなどです。

また、親族が非上場の中小企業の経営者で、その株式を贈与により取得し引き続きその企業を経営していく後継者にも贈与税は納税猶予されます。

この場合受贈者は20歳以上の会社の代表者でかつ贈与者の親族であり、株式取得によって筆頭株主になりうる者などが条件とされます。

どちらの場合もその贈与財産にかかる贈与税の全額が納税猶予されます。

しかしその事業を引き継がなかった場合や廃業した場合、猶予分に利子税を加えた金額を納税しなければなりません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

静かで素早い対応で、この後依頼をお願いしようかなと思いました。 説明もすごく分かりやすかったです。お二人の今後の活躍に期待します。

初めから、最終まで、全て万全な対応で、ここに決めて本当に正解でした。 完ペキとも言える、システム化された流れ、整備させた書面等の美しさ、 担当の二宮様、室井様も素晴らしい誠実な方で、100点満点以上です。 スタッフの方の皆様、日々お仕事ご苦労様でござ […]

わかり易く親切に対応していただきました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る