相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

土地を他人に贈与

土地を他人に贈与

財産を他人に贈与する場合ですが、民法549条に『贈与は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる。』とある通り、贈与者と受贈者の間で贈与する旨を確認してさえいれば贈与は成立しますし、その際契約書などの書面を残す必要もありません。

贈与が成立すれば受贈者に贈与財産分の贈与税の納税義務が発生します。

土地を他人に贈与する場合も同じとこがいえますが、土地に関しては所有権移転登記を済ませなければ受贈者に土地の所有権はありません。

当事者間で贈与を確認していて所有権移転登記を変更しないままでいた場合、例えば贈与者が第三者に土地を売却し、その第三者が所有権移転登記を済ませてしまうと、受贈者はその土地の所有権を失います。

土地に対する贈与税は相続でその土地を譲り受けた場合にかかる相続税に比べて高くなりますので、親子、配偶者間での土地の贈与の場合は他の方法がないか検討する必要があります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

お陰様で完了する事ができました。 心より御礼申し上げます。 状況をご連絡頂き安心してお願いできました。 分からない事にはいつも親身になって対応して頂きありがとうございました。 この度は相続関係を黒ファイルにまとめて頂き、感謝しております。

誠実に分かりやすく説明して頂き、私達(家族)の立場も理解されて、“相続”という初めてで細かい手続き等、勉強になりました。

大変お世話になりました。相続人は私1人ですべてを相続することになり、不動産があるため相続税がどのくらいになるのかとても不安でした。 どこの(実家のある地元か自宅のある東京か)どのような方にお願いすることがよいのかわからず、インターネットで検索し、紹介 […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る