相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

口頭による贈与とは

口頭による贈与とは

贈与には、「書面による贈与」と「口頭による贈与」とがあり、書面による贈与は撤回できないのに対して、口頭による贈与は基本的にいつでも撤回できることになっています。

口頭による贈与は、いわゆる「口約束」で「何々をあげるよ。」と言うだけの契約です。

しかし、民法ではこの「口約束」であっても、きちんとした「契約」の一つとして有効に成立すると規定しています。

ですから、いつでも撤回できると言っても、それはまだ贈与が成立していない部分のみ撤回できるということで、既にあげてしまったものについては、撤回できないとされています。

口約束でも契約は成立するのですが、贈与という契約の、「片務」、「無償」という性質を考えれば、冗談半分で「あげる」と言ってしまったものにまで強制的に履行させるというのも不合理な気がしますよね。

ですから、書面がない場合には、まだ贈与が成立していない贈与契約は撤回できるようになっています。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

・相続税の対象となる資産が、後から追加で見つかったが、迅速かつ適切な対応をして頂いた。 ・打ち合わせは、平日でなく土曜日に対応して頂けた。 ・2次相続を念頭に、現実的なアドバイスをして頂けた。

いろいろ丁寧に教えていただきました。

初めての相続税申告で、何もわからない上に、税理士さんにお会いすることも初めてでした。 ある程度、どのような資料を収集し、どんな流れで申告するのか調べてから臨みましたが、 予想以上に細かく調べることに驚き、自分ひとりで申告するのはとても無理だったと感じ […]

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る