相続税の申告・相談なら年間申告実績2,300件超の
相続専門集団におまかせ

ロゴ

相続税の税理士法人チェスター

相続税の税理士法人チェスター

年間相続税申告件数 2,373件(令和5年実績) 業界トップクラス
【全国13拠点】
各事務所アクセス»

チェスターNEWS

キーワード「国際相続」を含む記事 掲載数 8 件

1.プレスリリース 国税庁、各国税局から平成27年事務年度の相続税調査状況のまとめが報告されています。海外資産関連事案については、税務当局が近年力を入れて調査に取り組んでおり、実地調査率を上げています。 実際どのような情報から隠していた海外資産が調査 […]

>> 詳細を見る

近年、資産家の節税対策は海をわたりグローバル化してきています。財産も日本だけではなく、海外にあるという人も珍しくない時代になりました。 そういった富裕層の資産のグローバル化の波に伴い、国税庁も国際的な租税回避や資産隠しに対応するための「国際戦略トータ […]

>> 詳細を見る

近年では海外に預金口座を持つことも珍しくなくなりました。特に日本では馴染みのあるアメリカに預金口座を持つ人も多くいるでしょう。 ここでよくある勘違いとして日本の相続税は日本に存在する資産だけだと認識することです。しかし日本の相続税法は全世界課税といっ […]

>> 詳細を見る

1.ハワイのコンドミニアムの固定資産税評価はインターネットで調べられる 日本ではマンションの固定資産税をインターネットで調べることはできませんが、ハワイの場合には誰でもインターネットで調べることができます。 ハワイのコンドミニアムの固定資産税評価額を […]

>> 詳細を見る

被相続人が保有していた財産がすべて日本国内のものであった場合、プラスの財産・マイナスの財産ともに相続開始時点で共同相続人に包括的に承継されます。よって、遺言書がある場合はその内容に基づき、遺言書がない場合には相続人間で作成した遺産分割協議書に基づき財 […]

>> 詳細を見る

被相続人が海外に住宅を所有していたり、外貨建預金口座を持っていたり、また、相続人が海外在住している場合等、相続発生時点において、個々に様々な状況の場合があります。 そこで、相続財産や外貨建債務の評価において、邦貨換算の方法が設けられています。 ①国外 […]

>> 詳細を見る

相続、遺贈、贈与により財産を取得した場合、その取得にあたり日本において相続税又は贈与税が課税されるか否かは、その財産を取得した人がどのような人であるかにより判定されます。 被相続人等 → (相続・遺贈)(贈与) → 個人 上記の個人(財産を取得した人 […]

>> 詳細を見る

質問 相続人が海外にいる場合、遺産分割協議書の署名押印はどうすればいいのでしょうか? 回答 外国在住の方の場合、印鑑証明書が発行されないため、代わりにその国にある日本領事館でサイン証明書を取得する必要があります。 実務的には、海外居住の相続人には遺産 […]

>> 詳細を見る

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

お問合せ

アイコン

0120-888-145

既存のお客様はこちら

受付時間
9:00-20:00

土日祝も
対応可

お電話

【無料面談予約】

全国
共通

0120-888-145

0120-888-145
※ 既存のお客様はコチラから▼
アイコン

資料請求

ページトップへ戻る
【予約受付時間】
9時~20時 (土日祝も対応可)

【無料面談予約】

全国
共通

0120-888-145

0120-888-145
※ 既存のお客様はコチラから▼