相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

チェスターNEWS

キーワード「税制改正」を含む記事 掲載数 45 件

1 はじめに 配偶者居住権等の消滅によって対価を受ける場合、譲渡所得の取得費をいかに計算するか、その計算方法が令和2年度税制改正によって明確化されます。 具体的には、配偶者居住権の設定から消滅等までの期間に係る「減価の額」を控除することになります。こ […]

>> 詳細を見る

1 特別控除創設の趣旨 平成25年土地基本調査によると、平成15年からの10年間で世帯所有の空き地等の面積が約1.4倍に増加しています。そして、特に、地方部においては、近年、低未利用土地の面積は急激に増加傾向にあります。人口減少等により、低未利用土地 […]

>> 詳細を見る

1 はじめに 貸付事業用宅地等による小規模宅地特例の軽減措置については、これを利用した節税策が問題となり、まず、平成30年度税制改正において、貸付事業用宅地等の要件の見直しが行われました。そして、その後、令和元年度税制改正において、「新たに貸付事業の […]

>> 詳細を見る

1 はじめに 令和元年度税制改正の目玉の1つに、いわゆる「個人版事業承継税制」の創設があります。 事業承継を円滑にするための税制上の優遇措置は、これまでにも行われていましたが、その対象は限定されていました。そこで、今回の税制改正において、その対象が大 […]

>> 詳細を見る

  1 はじめに 令和元年度税制改正においては、相続法や民法の改正に伴って相続税法が改正されたり、租税特別措置法(相続税・贈与税関係)の改正によって納税猶予制度の創設や見直しが行われたりしました。 【相続税法の改正】 Ⅰ 民法(相続法)の改正に伴う見 […]

>> 詳細を見る

1 はじめに 令和元(2019)年10月に消費税率が8%から10%に引き上げが予定されています。この消費税率の引き上げに伴い、令和元(2019)年度税制改正では、住宅に対する税制上の支援措置として住宅ローン控除の特例が創設されました(租税特別措置法4 […]

>> 詳細を見る

1 はじめに 令和元年度(2019年度)税制改正において、源泉徴収と確定申告の配偶者に係る控除の適用が見直されました。 従来は、源泉徴収における源泉控除対象配偶者に係る控除の適用について、夫婦双方で適用可能な場合がありました。そこで、このような二重控 […]

>> 詳細を見る

1 はじめに 平成30年度税制改正において、小規模宅地等の特例について、特定居住用宅地等及び貸付事業用宅地等の改正が行われました。これらのうち、特定居住用宅地等の改正について、その適用の可否について判断が難しい事例を、以下で説明いたします。 2 【事 […]

>> 詳細を見る

1.はじめに 平成30年7月6日、「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律(平成30年法律第72号。以下「本法律」とします。)が成立し(平成30年7月13日公布)、民法のうち相続法の分野が大きく見直されました。そのうちの一つとして、「相続人以外の […]

>> 詳細を見る

1.はじめに 民法(相続関係)の大改正のうちの1つに「配偶者居住権」の新設があり、配偶者居住権は2020年4月1日に施行されます。これに伴い、平成31年度税制改正において、配偶者居住権及びその敷地利用権等の評価方法が相続税法第23条の2に法定されまし […]

>> 詳細を見る

1  2  3  4  5  次の10件へ>>

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る