相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

相続税をはじめ、さまざまな税についてのニュースを発信いたします。

1.はじめに 人が一人亡くなった場合、その相続の手続きは多岐にわたり想像以上に相続人の負担は大きいものです。 もし、亡くなった方の財産が海外にある場合はどうなるのでしょうか。 例えば、亡くなった日本人の財産がアメリカにある場合、被相続人(亡くなった人 […] 詳細を見る

1.はじめに  相続法の改正により、相続人以外の親族が被相続人に対する療養看護その他の労務の提供により被相続人の財産の維持又は増加について寄与をした場合には、相続人に対して金銭(特別寄与料)を請求できることになりました(改正民法第1050条)。 そし […] 詳細を見る

1.はじめに 確定申告で間違いがあった場合でも、その間違いを訂正することはできます。 申告期限内であれば「訂正申告」、申告期限後であれば「更正の請求」又は「修正申告」となります。 とはいえ、最初から間違いが無いに越したことはありません。 そこで、以下 […] 詳細を見る

1.はじめに 平成31年度税制改正により、個人版事業承継税制が創設されました。 この「個人版事業承継税制」とは、個人事業主に相続が発生した場合のみならず、個人事業主が事業用資産を生前贈与した場合にも、その課税価格に対応する相続税や贈与税を猶予する制度 […] 詳細を見る

1.平成31年度税制改正・個人版事業承継税制の概要 平成31年度税制改正において、「個人版事業承継税制」が創設されます。 この「個人版事業承継税制」とは、個人事業主に相続が発生した場合のみならず、個人事業主が事業用資産を生前贈与した場合にも、その課税 […] 詳細を見る

1.はじめに 平成30年度税制改正により、事業承継税制の特例措置として「非上場株式等に係る贈与税・相続税の納税猶予の特例制度の特例」が創設されました。 この特例措置のポイントについて、以下で簡単に説明いたします。 2.事業承継税制の概要 事業承継税制 […] 詳細を見る

1.はじめに 平成31年度税制改正の資産課税関係においては、個人事業者の事業用資産に係る納税猶予制度の創設や民法の改正に伴う税制上の措置などが注目されますが、以下で簡単に説明いたします。 2.個人事業者の事業用資産に係る納税猶予制度の創設等 個人事業 […] 詳細を見る

1.はじめに 平成31年度税制改正において、「被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例(以下、「空き家特例」とします。)」に関する改正が実施されます。この改正で特例措置が拡充・延長されることにより、空き家発生の抑制が期待されていま […] 詳細を見る

1.はじめに 平成30年7月6日、「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律」が成立し(平成30年7月13日公布)、民法のうち相続法の分野について、大きな見直しが行われました。 原則として、平成31年7月31日より施行(自筆証書遺言の方式の緩和につ […] 詳細を見る

1.はじめに 仮想通貨取引に関する所得に関して、納税者自身による適正な申告を促進するため、2018年4月以降、6回にわたって、「仮想通貨取引等に係る申告等の環境整備に関する研究会」が国税庁により開催されました。 この研究会での議論の結果を踏まえて、国 […] 詳細を見る

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る