年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

チェスターNEWS

相続税をはじめ、さまざまな税についてのニュースを発信いたします。

1.はじめに 平成30年4月1日から、法定相続情報証明制度の利用範囲拡大のために、次の3点について取り扱いが変更となっています。 ① 被相続人(亡くなった人)との続柄の記載について ② 被相続人の最後の本籍の記載について ③ 相続登記等における相続人 […] 詳細を見る

1.はじめに 平成30年度税制改正において、一般社団法人等に関する相続税、贈与税が見直されました。一般社団法人の制度が平成20年に創設された後、その仕組みを上手く利用することで相続税を節税するスキームが確立されてきました。 ただ、この仕組みを悪用し、 […] 詳細を見る

1.はじめに 市町村から固定資産税の納税通知書が送付されてきたら、皆さん、素直に支払っていらっしゃいますよね。 固定資産税は、所得税や法人税とは違って、「賦課課税方式」を採用しています。つまり、固定資産税は納税者自身が税金の計算をする必要がなく、市町 […] 詳細を見る

1.はじめに  現在、中小企業経営者・小規模事業者の高齢化が進んでおり、今後10年の間に、平均引退年齢である70歳を超える中小企業・小規模事業者の経営者が約245万人になるにもかかわらず、その半数の約127万人(日本企業全体の3分の1)が事業承継の準 […] 詳細を見る

1.はじめに  平成30年3月13日、相続に関する民法の改正法案(「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律案」)等が国会に提出されました。これにより、原則として、法律の公布から1年以内の政令で定める日から施行されることが明らかになりました。  今 […] 詳細を見る

平成30年4月1日以降に提出する相続税申告書の添付書類から、戸籍謄本については、コピーでよいことになりました。今までは、原本の提出が法律で義務付けられていましたが、今後はすべてコピーでOKです。 なお、相続開始日や開始年度に寄らず、申告書の「提出時期 […] 詳細を見る

平成30年4月1日から設置可能となった「介護医療院」をご存知でしょうか? この「介護医療院」についても小規模宅地特例が適用されることになり(平成30年税制改正大綱)、納税者にとって有利な改正となっています。 それは、以下のような内容になります。 1) […] 詳細を見る

家なき子特例の見直しと経過措置 〔1〕現行要件 被相続人に、配偶者(別居を含む)と同居している相続人がいない場合、被相続人の居住の用に供されていた宅地等を別居の親族が取得した場合でも相続開始前3年以内に自己又は自己の配偶者の所有する家屋に居住したこと […] 詳細を見る

平成30年2月8日、中小企業庁財務課は中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律施行規則の一部を改正する省令案について意見募集を開始しました。 平成30年度税制改正大綱に盛り込まれた新事業承継税制の特例の創設に伴い、同改正がされることとなりました […] 詳細を見る

  平成30年度税制改正において、小規模宅地等の特例の特定居住用宅地等うち『家なき子』の要件が見直されます。 昨年12月公表の税制改正大綱では、家なき子の経過措置の内容は明記されておりませんでしたが、2月2日に国会に提出された税制改正法案に […] 詳細を見る

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る