年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続税の税務調査への対応方法・全手順と質問例で事前準備を!

相続税の税務調査への対応方法・全手順と質問例で事前準備を!

相続税に関しては高確率で税務調査が行われていることを知っていますか。7月下旬から11月頃が相続税の税務調査が最も多くなる時期となっています。相続税の申告をしなくてはならない人は、税務調査とはどのようなものなのかを事前に把握しておくことが肝要です。すでに税務調査が入ることになっている人も、実際の税務調査の場でどのような質問を受けるのかを知っておくことは意義があります。今回は、相続税に関しての税務調査について基礎的な内容を解説します。

1.なぜ税務署は個人資産を把握することができるのか?

相続税の税務調査への対応方法・全手順と質問例で事前準備を!

人が亡くなった時には7日以内に市区町村役場に「死亡届」を提出する必要があります。

受け取った市役所等はこの「死亡届」を税務署に通知します。税務署はこの時点でいつだれが死亡したかを把握することとなります。加えて、市役所などからは固定資産税評価額についての情報も税務署に連絡されます。固定資産税評価額とは、だれがどのくらいの不動産を有しているかという情報です。

そのため税務署では不動産を多く所有しているという情報などから相続税の対象となりそうな人を特定できます。全国の税務署をネットワークで結んで納税者情報を一元管理できるKSKシステムというものが平成13年から導入されました。これによって相続税の申告の必要があるかどうか大体のところは判断がつくようになったようです。

さらにこのシステム自体が税務調査の必要があるかどうかの参考資料となります。

2.相続税の税務調査とは

法人税や所得税も相続税と同様に調査が行われます。ですが、その中でも一番調査される確率が高いのが相続税です。なぜならば、相続税は他と比べて高額になりがちだからです。

税務調査の目的は第一に申告漏れを見逃さないことです。申告漏れを発見するため最も調べられるのが金融資産のような隠蔽しやすいものです。過去には郵便貯金や割引債は発見されにくいとささやかれていた時期もありますが、実際には見つかることが多いので最初から隠さない方が良いでしょう。

※割引債とは利息がなく額面以下の価格で発行される債券です。

3.税務調査で引っかかる金融資産3点

相続税の税務調査への対応方法・全手順と質問例で事前準備を!

1)被相続人の預貯金

死亡する前の3年から5年の間に1回につきだいたい50万円以上の金額を引き出している場合に、使い道を追及されることがあります。これは、引き出した現金を隠し預金に移しているのではないかということを確認しています。もしくは名義預金ではないかと疑っているのです。

もし、高額な不動産を売却している場合も確認が入ることがあります。金額が高額になるため、およそ20年前までさかのぼって売却代金の行く先を調べられる例もあります。相続税が発生しそうだと感じている人は、今のうちからお金の使い道は明らかにしておく必要があります。

【みんなが気になる疑問「税務署は銀行の残高照会可能?」】

そもそも、税務署は銀行や証券会社に残高照会できるのでしょうか。答えはYESです。家族名義の預金がある可能性もあるので、被相続人だけではなく親族の口座データも調べています。

金融機関以外にお金を隠せば良いように思えますが、過去の入出金は全て確認できます。そのため、怪しげな入出金があれば指摘されて隠したお金についても追及されることとなります。

それなら日本国内に資産を置いておかなければバレだろうと、海外に送金するケースもあります。しかし100万円以上の海外への送金は金融機関から税務署へ資料が提出されます。そのため海外にお金を置いていれば見つからないということはありません。

2)被相続人自体の生命保険

契約が本人名義のものではなく、妻や子となっていて保険料を負担しているのが被相続人の生命保険が調査の対象となります。なぜならば、実質的な契約者は保険料を納めている人です。被相続人が死亡することで受け取る生命保険金が相続税の課税対象となります。

相続税の税務調査への対応方法・全手順と質問例で事前準備を!

3)家族名義の預金

預金の名義となっている人物と実際の預貯金の所有者が異なる預金を名義預金と言います。

具体例で言うと、父親が子供名義で口座を作り父が自由に入出金していたとします。名義こそ子供ですが、実質的には父のものです。父が死亡した場合には子供名義のこの預金も父の相続財産として課税対象となります。

4.税務調査が行われる時期

一般的に6ヶ月から2年後くらいで行われます。時期的には7月から10月が税務調査のピークと言われています。法人や個人の確定申告で忙しい2月から6月まではあまり相続税の税務調査は行われないでしょう。また、税務署では6月末を年度替わりとしています。人事異動などが行われ煩雑な時期ですので7月初旬は確率が低いでしょう。

5.相続税の税務調査の期間

相続税の税務調査は相続人の個人宅へ税務署の職員が訪問する形式で実施されます。基本として調査は2日間続き、何か問題が生じれば整理して修正申告を行うかどうかを税務署と税理士の間で話し合います。

6.相続税の税務調査対象となる確率

相続税の税務調査への対応方法・全手順と質問例で事前準備を!

平成26年の国税庁発表の『平成25事務年度における相続税の調査の状況について』によると、税務調査の件数は平成25年度で11,909件となっています。提出されている相続税の申告書はおよそ50,000件です。ここから割り出すと、税務調査が実施される割合は約25%で4件に1件が調査対象ということです。ただし、財産が多い場合には高確率で調査が入ります。課税財産が2億円を超えると税務調査が行われる割合は8割以上となります。

7.相続税の税務調査の流れ

以下の一連の流れは自分たちだけでも対応はできます。ですが相続専門の税理士に立ち会ってもらう方が賢明です。専門知識のある税理士が同席することで、取られる税金が半額まで下がったという事例もあります。

 

1)税務署職員からの連絡

調査官が調査に取り掛かる予定日の1週間から10日ほど前に日程調整のための電話があります。

2)相続人の立ち合い

相続税の税務調査では相続人全員が立ち合いを求められることがあります。仕事があったり離れた場所に住んでいたりすると相続人全員が立ち会うことは容易ではありませんが、税務調査があるという連絡は必須です。なぜかというと、調査の結果追加で税金を納めなくてはならない場合にそれぞれの相続人に支払い義務があるためです。

3)調査場所

相続税の調査場所となるのは、被相続人が生前に生活の拠点としていた自宅で行うことが原則です。

4)時間帯と人数

調査が始まるのはだいたい10時からで、調査官は2人組が基本となっています。

5)現物の確認調査

相続税の調査では自宅内の状況も確認します。相続対象となる財産がどのような状態で保管されているかを把握します。被相続人が生前にどのように活動していたかも一緒に確認しています。

6)調査終了

複雑で困難な場合には調査が1ヶ月以上にわたることもあります。調査を行っていき大まかなめどがついたならば顧問税理士もしくは相続人代表に対して調査結果と疑問点を示します。

7)申告の修正

相続税の税務調査の結果、申告漏れしていた財産があれば修正申告をします。修正申告書の提出には相続人全員の了解が必要となります。申告漏れでの増額分は相続人全員が負担しなくてはなりません。

8)加算税と延滞税の確認

加算税と延滞税がある場合には内容を調査官に確認しておきましょう。

9)指摘事項へ対応

相続税の税務調査の結果、申告漏れと思われる事項や金額が示されます。それに基づいて税理士は相続人と指摘事項の認否を検討していきます。

税務調査がが入った場合には、誘導尋問のようなことをされるケースもあります。何も悪いことをしていなくても不安に感じることもあるでしょうから、税理士の利用は検討するのがよさそうです。なお、以下に税務調査官による質問の事例と意図についてまとめました。

【税務調査官の質問例…なぜその質問をするのか?】

相続税の税務調査への対応方法・全手順と質問例で事前準備を!

 

8.税務調査後は還付請求を

相続税の税務調査を受けた結果として、追加で相続税を徴収されてしまう人もいるでしょう。この追加で徴収された人の中には、還付のための請求を行うことで相続税が戻ってくる可能性もあります。調査が終わったからと言ってそのままにせず、忘れずに還付請求をしておきましょう。

確定申告で還付金が戻るのはどんなとき?

相続税の還付金は平均1200万円!あなたも相続税申告間違っているかも?

まとめ

今回は、税務調査について解説しました。

相続税の税務調査に強い税理士と弱い税理士がいますので、相談する場合には、税務調査に強い税理士に依頼しましょう!

関連性が高い記事

相続税の時効・ペナルティ

相続税の時効・ペナルティ  相続税の申告期限の10カ月というのはあっという間にやって来ます。間に合わないと延滞税、無申告加算税、悪質な場合には40%という高率の重加算税というペナルティが科されることもあります。 相続税の時効とは、相続が発生してから5 […]

相続税のKSKシステムとは

相続税のKSKシステムとは KSKシステムとは、KOKUZEI SOUGOU KANRI(国税総合管理)システムの略称であり、全国の国税局や税務署をネットワークで結び、納税者の申告に関する全情報を一元的に管理するコンピュータシステムをいいます。平成1 […]

税務調査とは

税務調査とは、申告後に申告漏れがないかどうかを税務署が調べることです。税務調査の行われる時期は、一般的に申告した年または翌年の秋が多いです。そして、この税務調査によって申告漏れが見つかる割合は、8割~9割以上にもなるのです。そして申告漏れによる税額は […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る