年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

税務調査は国税OB(元税務署職員)のいる事務所に依頼するべき?

税務調査は国税OB(元税務署職員)のいる事務所に依頼するべき?

税務調査が入るときには、国税OB(元税務署職員)がいる税理士事務所に依頼するという人もいます。税理士事務所も国税OBが在籍しているので、税務調査は安心しておまかせくださいと説明する場合もあります。

国税OBが在籍している税理士事務所は、はたして本当に税務調査が強いといえるのでしょうか。

1.国税OBに税務調査をお任せしたら安心なのか?

国税OBがいる税理士事務所と国税OBがいない税理士事務所があったとします。税務調査を依頼する際に税理士に支払う金額が同じである場合には、どちらの事務所に依頼するでしょうか。

5人に同じ質問をしたところ、全員が国税OBがいる税理士事務所に依頼すると回答しました。確かに支払う報酬額が同じであれば、殆どの人が同じ回答をするのではないでしょうか。なぜなら、国税OBがいるというだけで、なんとなく税務調査に強そうというイメージを抱くからです。

しかし、実際には税務調査の経験がある税理士事務所であれば、必ずしも国税OBが対応しなくても大きな違いはありません。

国税OBの税理士だからといって、それ以外の税理士よりも特別に税務調査について知識や経験が抜きん出ているということではないのです。

【税理士選びのポイント】

税理士事務所に税務調査の依頼をするときには、国税OBの税理士が在籍しているかどうかではなく、税務調査の実績で判断するということがポイントといえるでしょう。

税務調査は国税OB(元税務署職員)のいる事務所に依頼するべき?

2.国税OBの税理士は税務調査には有利?

国税OBの税理士がいると税務調査には有利に働くことはあるのでしょうか。ここでは簡単な例をあげて説明します。

【登場する人】

税務調査の調査官と税務調査対応を担当する国税OB

【会話例】

 

税務調査は国税OB(元税務署職員)のいる事務所に依頼するべき?

これは明らかにあり得ない無理のある例ですが、実際に税務調査の会話でこのようなことがあるとしたら、大きな問題になるでしょう。

国税OBが税務調査対応において依頼者側に有利になるように便宜を図ることができるのであれば、この国税OBが在籍している税理士事務所は口コミなどで広がって大盛況になるのではないでしょうか。

結局は、国税OBの税理士に依頼をしてもしなくても、結果に大きな違いはないと考えられます。税務調査の実績豊富な税理士に依頼したとしても結果は同じであるといえるのではないでしょうか。

税務調査は国税OB(元税務署職員)のいる事務所に依頼するべき?

3.国税OBが在籍している税理士事務所をなぜ選んでしまうのか

税務調査の実績がある税理士であれば、どの税理士でも税務調査をお願した場合には安心してお願いできます。

しかし、税務調査対応の実務経験が実際に豊富なのかを判断することが難しいといえるでしょう。判断するためのポイントとしては、直接税務調査対応を依頼する予定の税理士と会って話をすればよいのですが、もし、会って直接話をしたことがない場合には、本当に安心してお任せできるかどうかを見極めることは難しいです。

判断に迷ったときには、その税理士の経歴などを確認するとよいでしょう。しかし、国税OBという経験があるだけで、税務調査対応は問題なく対応できるだろうという印象を受けるのではないでしょうか。

そのため、税務調査対応を依頼する税理士を探すときに、インターネットで検索するキーワードとして国税OBなどの言葉を入れると、国税OBがいる税理士事務所にヒットするでしょう。

税理士事務所側もそれを想定して、あえて国税OBが在籍していることをアピールポイントとしていることもあります。確かに、国税OBは税務調査する側にあったため、どのような項目をチェックするのかなどのポイントを抑えている可能性が高いです。

そのため、税務調査対応する側になってもらう際にも安心感があるのではないでしょうか。さらに、税務調査の際には依頼者側に立って少し有利に進めてくれるのではないかとイメージしてしまうこともあるでしょう。

しかし、国税OBだからといってそのようなことはほぼ期待できません。単に税務調査のポイントが分かっているということだけです。

では、税務調査対応の報酬が同じなら、国税OBが在籍する税理士事務所に依頼しますか、それとも税務調査の経験豊富な税理士事務所を選びますか?

どちらも正解である可能性があります。できれば依頼する税理士に直接話をして信頼性で選ぶことをおすすめします。

【税務調査対応マニュアル】

税務調査への対応方法と、質問例を下記サイトでまとめておりますので、是非ご参照ください。

相続税の税務調査への対応方法・全手順と質問例で事前準備を!

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

相続税の時効・ペナルティ

相続税の時効・ペナルティ  相続税の申告期限の10カ月というのはあっという間にやって来ます。間に合わないと延滞税、無申告加算税、悪質な場合には40%という高率の重加算税というペナルティが科されることもあります。 相続税の時効とは、相続が発生してから5 […]

相続税のKSKシステムとは

相続税のKSKシステムとは KSKシステムとは、KOKUZEI SOUGOU KANRI(国税総合管理)システムの略称であり、全国の国税局や税務署をネットワークで結び、納税者の申告に関する全情報を一元的に管理するコンピュータシステムをいいます。平成1 […]

税務署から相続税のお尋ねが届いた方が確認すべき6つのポイント

ご家族が亡くなって数か月後に、税務署からお尋ねが届く場合があります。 この税務署からのお届けとは一体何なのでしょうか? 返信の義務はあるのでしょか? お尋ねが届いても慌てないために必要な情報をご紹介していきます。 1.相続についてのお尋ねが送られくる […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る