年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続人不存在が確定したら被相続人の遺産は国に帰属される!相続人不存在の確定とは?

相続人不存在が確定したら被相続人の遺産は国に帰属される!相続人不存在の確定とは?

生涯未婚率の上昇や、少子高齢化などにより、法定相続人が存在しない相続というものが

増えています。相続人がいない「相続人不存在」はどのようにして確定されるのでしょうか?相続人不存在に該当するケースと相続人不存在の確定方法などについてご紹介します。

1.相続人不存在とは

相続人不存在となるケースは

相続人不存在が確定したら被相続人の遺産は国に帰属される!相続人不存在の確定とは?

という場合が考えられます。相続人の中に行方不明の方がいるという場合、相続人不存在には該当しません。

(1)法定相続人に該当する人が存在しない

法定相続人とは、被相続人の配偶者、直系卑属、直系尊属、兄弟姉妹等が該当します。被相続人が独身で、両親はすでに亡くなっており、兄弟姉妹もいないという場合には、相続人不存在となります。

仮に、兄弟姉妹は亡くなっているけれど、兄弟姉妹の子である甥や姪がいるという場合には、甥や姪が兄弟姉妹の代襲相続人となり、相続の権利を有することになります。

(2)法定相続人に相続権を有せない理由がある

法定相続人には相続の順位が定められています。被相続人に配偶者がいる場合、配偶者は必ず法定相続人(配偶者相続人)となり、直系卑属が第1順位、直系尊属が第2順位、兄弟姉妹が第3順位の法定相続人(血族相続人)となります。

血族相続人は先順位から順に法定相続人となることが定められています。法定相続人は当該相続の相続権を有することになりますが、以下に該当する場合には、相続権を失うことになります。

相続人不存在が確定したら被相続人の遺産は国に帰属される!相続人不存在の確定とは?

*相続欠格・相続排除・相続放棄についての詳細は下記をご確認ください。

相続欠格について…被相続人の意思とは無関係!相続する権利がなくなる相続欠格ってなに?

相続廃除について…相続させたくない相続人の権利を剥奪!相続廃除について

相続放棄について…相続放棄を考えているときに注意したい5つのポイント

2.相続人不存在を確定させるための手続とは

相続人不存在となる相続では、本当に相続人に該当する人がいないかどうかの確認が行われます。その結果、相続人なる人が現れなかった場合には相続人不存在が確定することになります。

相続人不存在確定までの流れは以下の通りです。

相続人不存在が確定したら被相続人の遺産は国に帰属される!相続人不存在の確定とは?

相続人がいない状態の被相続人の財産は、最終的には国に帰属されることになります。しかし、放っておけば自然と国帰属されるという訳ではありません。

そのため、被相続人と利害関係のある人(債権者など)や検察官によって、被相続人の遺産を管理する相続財産管理人を選任します。

選任された相続財産管理人は相続財産を法人とし、相続財産の管理を行うことになります。公告によって当該相続の財産管理人が選任されたことが公表され、公告後2ヶ月経過しても相続人が現れない場合には、財産管理人は、債権者等に対して、債権の申し出に関する公告を行ないます。さらに、その後、相続人捜索の最終的な公告を行ない、相続人不存在が確定します。

3.特別縁故者による財産分与

相続人不存在が確定した後、被相続人の遺産は

相続人不存在が確定したら被相続人の遺産は国に帰属される!相続人不存在の確定とは?

のいずれかとなります。

特別縁故者とは、被相続人の生前に被相続人と特別な関係にあった人を言います。

特別縁故者に該当する方の要件は下記の通りです。

相続人不存在が確定したら被相続人の遺産は国に帰属される!相続人不存在の確定とは?

特別縁故者が財産分与の請求を行うためには、家庭裁判所に申立を行う必要があります。

相続人不存在が確定したら被相続人の遺産は国に帰属される!相続人不存在の確定とは?

特別縁故者についての詳細は下記をご確認ください。

家族以外の方でも相続財産を受けられる!「特別縁故者」とは?

(1)財産を受け継いだら相続税の申告が必要

特別縁故者が財産を受け継ぐことになった場合には、被相続人の財産を遺贈されたという形となります。

そのため、受け取った財産は相続税の課税対象となり、相続税の申告を行う必要があります。

本来の相続人ではない方が財産を受け継ぐことになりますので、課税される相続税は2割加算が適用されます。また、相続税の申告期限は特別縁故者の財産分与の審判確定日の翌日から10ヶ月以内となります。

(2)法定相続人がいない場合の基礎控除は?

相続税の基礎控除とは、相続人それぞれに適用される控除ではありません。遺産総額から基礎控除を引いた金額が相続税の課税対象となる金額ということになります。

そのため、法定相続人がいない相続であっても、基礎控除を適用することは可能です。

基礎控除の算出式は3,000万円+(600万円×法定相続人の数)であるため、法定相続人がいない相続の場合の基礎控除は3,000万円+(600万円×0)=3,000万円となります。

相続人不存在が確定したら被相続人の遺産は国に帰属される!相続人不存在の確定とは?

また、死亡退職金や死亡保険金の非課税枠等の適用を受けることはできませんので注意して下さい。

4.特別縁故者もいない場合には、国に帰属される

(残余財産の国庫への帰属)

第959条

前条の規定により処分されなかった相続財産は、国庫に帰属する。この場合においては、第956条第二項の規定を準用する。

民法より引用

民法第959条に規定されるように、相続人もいない、特別縁故者もいない、という場合には、最終的には遺された遺産は国に帰属されることになります。

ライフスタイルが多様化している現代では、国に帰属されるというケースが年々増加傾向にあるようです。

5.相続人がいない場合には遺言を作成しておきましょう。

相続人がいない場合、最終的に国に帰属されてしまうことになります。

特別縁故者の財産分与をすれば良いんでしょう?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、特別縁故者の方が財産を取得するまでにはかなりの時間を要します。

また、必ず特別縁故者と認められるという保証もありません。そのため、財産を渡したい方がいらっしゃる場合には、遺言書を作成しておくようにしましょう。その際、公正証書遺言を作成しておくことで、内容の不備等による無効を防ぐことが出来ます。

公正証書遺言の作成をすすめる6つの理由とは?

まとめ

法定相続人にがいない相続人不存在は、最終的に国が被相続人の遺産を相続することになってしまいます。

相続が発生してから、ご自身の遺産をご自身の希望通りにするためには遺言書などを作成する以外に方法がありません。相続発生前に推定相続人(相続が発生した場合に法定相続人となるであろう人)が誰になるかなどを把握しておくことで、相続発生後の遺産の流れを理解することが出来ます。

相続のための準備や相続のための対策は早い段階から整えていくことが大切です。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

分割協議中に相続人死亡した場合

分割協議中に相続人死亡した場合 遺産分割は相続人全員で行う必要があります。 相続人が一人でも欠けて行った遺産分割協議は無効となります。 ただ、遺産分割協議は、相続人が必ずしも一堂に会して行う必要はなく、郵送でのやり取りなどで持ち回りで遺産分割協議書の […]

配偶者が遺産分割前に死亡した場合

配偶者が遺産分割前に死亡した場合 配偶者は、必ず相続人となります(民法第890条には「常に」と記載されています)。 配偶者は、被相続人と最も深いつながりがある立場として法律上相続権は尊重されることとなっています。 そのため、遺産分け(遺産分割)をする […]

遺産分割協議後に相続財産が見つかった場合

遺産分割協議後に相続財産が見つかった場合 遺産分割の終了によって故人の遺産は確定的に各人の単独所有に帰属します。 つまり、故人の死亡後、遺産分割終了までは遺産は相続人の共有状態にあることになります(民法第898条)。 遺産分割はその共有状態を解消する […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る