相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

被相続人の保証債務

被相続人の保証債務

相続とは相続人が被相続人の資産、財産はもちろんのことその債務までも相続しなければならないので注意が必要です。

借金はもちろんのこと、被相続人の保証債務に関しても相続人は引き継がなければなりません。

これは保証人が死亡したことでその債務自体が消滅してしまうと、債権者の利益が著しく損なわれるとこになるからです。

保証債務とは銀行借り入れの際などの連帯保証人、借金の保証人、アパートを借りる際などの身元引受人などを指します。

その中で身元引受人に関しては個人が個人を信用して保証人とするわけですから、その信用を引き継ぐことは出来ず、したがって相続の対象にはなりません。

連帯保証人などを相続する場合は、法定相続人分に応じて相続することになります。

どうしても保証人になりたくない場合は、相続放棄をすることによって保証債務もなくなりますが、相続放棄をすると財産、資産といったプラスのものまで放棄することになりますので、相続放棄によるメリット・デメリットを考えなければいけません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

前回も担当して頂きました。 とてもとてもていねいに対応して頂き、本当に信頼がおける方でしたので今回もお願いしました。 ありがとうございました。

初回来宅の無料見積もりから、契約後の中途の各種確認、最後の来宅時の関連資料や署名・捺印まで、素人にもわかりやすく要点を丁寧に説明して頂き、一貫して大変満足できるサービスでした。また些細な疑問点について頻繁にメールで質問した際にも、毎回迅速に応えて頂き […]

大変お世話になりました。相続人は私1人ですべてを相続することになり、不動産があるため相続税がどのくらいになるのかとても不安でした。 どこの(実家のある地元か自宅のある東京か)どのような方にお願いすることがよいのかわからず、インターネットで検索し、紹介 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る