相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続・贈与で財産を渡せる相手と渡せない相手

相続と贈与・似ているようで違う

 まず相続と贈与の違いを知っておきましょう。両者は「財産を誰かに渡す」という点では同じですが、法律上の意味合いが違います。

 相続の概念をざっくりいうと、「その財産の所有者がいなくなってしまった。権利と義務を宙ぶらりんにしておけないから、誰かにひきついでもらおう」というもの。空席となった所有者を新しく決める手続きです。

 一方、贈与は取引であり、財産を所有する権利を人に渡します。譲渡取引のうち、対価を求めない特殊ケースといえるでしょう。相続と違って、負債などの義務は渡せません。

 このことから、相続と贈与にはさまざまな違いが出てきます。

 まずは、財産を渡せるとき。

 相続は、所有者がいなくなった事実(つまり死亡)がなければ、発生しません。所有の空席を埋め直すのは、一回きり。後でやり直したり、回数を分けて少しずつ所有者になっていくことはできません。「死後の財産を少しずつ渡したい」という場合には、信託など、別の処理が必要になります。

 一方、贈与はいつでもでき、生前ならば、回数を分けて少しずつ行うことも可能です。

渡す本人の意思が活かせる生前贈与

 次は、財産を渡せる相手。

 相続は、血縁関係や婚姻関係のある人に所有者の席をひきついでもらうように定められて、相続人になる人、なる順番は、法律で決まっています(法定相続人)。

 遺言があればそちらが優先されますが、一方で、法定相続人が決まった取り分を要求する権利がもあるため、遺言どおりに財産が渡るとは限りません。

 相続人にならなかった人は、親族・他人に関係なく、財産を相続できません。その人たちに死後の財産を渡すには、遺贈や死因贈与など、贈与を介するかたちになります。

 それには本人の「贈与したい」意思を証明しなければならず、死亡前に遺言や契約書を残す必要があります。ただ、贈与時に本人はもう死亡していますから、その意思が通る保証はありません。

 生前贈与ならば、本人の意思どおり、誰にでも渡すことができます。渡す本人と渡される相手が了承していれば、文書もいりません。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る