相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

住宅取得資金と暦年贈与を組み合わせると最大1,310万円まで贈与税がかからない?

住宅取得資金と暦年贈与を組み合わせると最大1,310万円まで贈与税がかからない?

ご両親や祖父母から住宅取得のための資金を贈与された場合、最大1,200万円まで贈与税が課税されない贈与税の特例があります。この特例と暦年贈与を組み合わせることで最大1,310万円まで贈与税が課税されずに贈与を行うことが可能です。

「直系尊属からの住宅取得資金の贈与を受けた場合の非課税」の特例と暦年贈与を組み合わせる方法についてご説明します。

1.住宅取得の際の贈与とは?どうすれば1,310万円を非課税で贈与できるの?

平成27年1月1日から平成33年12月31日までの間に、父母や祖父母など直系尊属から住宅取得資金の贈与を受けた場合に、一定の要件を満たしていると贈与税が非課税となる「直系尊属から住宅取得資金の贈与受けた場合の非課税」の特例が適用されます。

非課税枠の限度額は、住宅用の家屋の新築等に係る契約の締結日に応じた金額によって異なりますが、贈与税の基礎控除110万円と併用することが出来るため、最大で1,310万円まで贈与税が課税されずに贈与することが可能です。

2.直系尊属からの住宅取得資金の贈与を受けた場合の非課税枠の概要

住宅取得資金と暦年贈与を組み合わせると最大1,310万円まで贈与税がかからない?

制度の概要については、以降の章で説明します。

なお、贈与税は暦年贈与と相続時精算課税制度のどちらかを選択することが可能ですが、相続時精算課税制度には適用に条件があります。
今回は暦年贈与との併用についてをご紹介するため、相続時精算課税制度の詳細は割愛させていただきます。
相続時精算課税制度の詳細は下記をご確認ください。

これで難しくない!5分でわかる相続時精算課税制度の基礎知識

3.住宅取得資金の贈与税非課税枠

住宅取得資金と暦年贈与を組み合わせると最大1,310万円まで贈与税がかからない?

住宅取得資金贈与の非課税枠は、平成27年にそれまでの500万円から1,000万円に上がりましたが、平成28年以降は少しずつ減少しています。「住宅用家屋の新築等に係る契約の締結日」とは、期日範囲内に、住宅取得資金の贈与を行った場合のみではなく、それぞれの範囲内に締結している必要があります。締結日によって非課税枠が大きく変動していますので、注意が必要です。

省エネ等住宅に関しては「6.「省エネ等住宅」とは?その具体例」でご説明します。

4.住宅取得資金贈与、その対象は?

以下の要件をすべて満たす場合、対象者となります。

・贈与を受けた時に日本国内に住所を所有すること

・贈与を受けた年の1月1日において20歳以上であること

・贈与を受けた年の合計所得金額が2,000万円以下であること

合計所得金額の計算は難しいため、目安としては、給与+不動産+事業の3つの所得合計が2,000万円以下かどうかを確認すると良いでしょう。

5.住宅取得資金の範囲は?

住宅取得資金とは受贈者が自分が居住するための家屋を新築若しくは取得、または既に居住している家屋の増改築などの対価に充てるための金銭のことを指します。

親や祖父母(直系尊属)からの贈与であること

特定受贈者(住宅取得資金を取得した人)が贈与を受けた日の属する年の翌年3月15日までに、住宅取得資金全額をその対価に充てた場合

同日(翌年3月15日)までに特定受贈者がその家屋に居住または、同日後、遅滞することなく居住することが見込まれる場合

・受贈者の配偶者や親族などの特別な関係のある者から住宅用家屋を取得していないこと

・受贈者の配偶者や親族などの特別な関係のある者との請負契約等により新築・増改築したものではないこと

・平成26年分以前の旧非課税制度の適用を受けていないこと

上記の要件すべてを満たすことが必要になります。

6.「省エネ等住宅」とは?その具体例

非課税枠には「省エネ等住宅」と「左記住宅以外」の2つが記載され、その金額には差が出てきます。「省エネ等住宅」とは以下の要件を満たしている場合に適用されます。

省エネルギー性の高い住宅(断熱当性能等級4もしくは一次エネルギー消費量等級4以上)

免震建築物または耐震性の高い住宅(耐震等級2以上)

バリアフリー性の高い住宅(高齢者等配慮対策等級3以上)

上記に当てはまる住宅であることの他、証明書などの書類が必要となります。

詳細は国税庁HPをご参照ください。

7.リフォーム工事の範囲拡充について

現行では、家屋の大規模な増改築や耐震補修リフォームが範囲とされていますが、変更後は省エネルギー化、バリアフリー化、給排水管等のリフォームも追加されます。

8.住宅取得資金贈与の特例を受けるための手続き

住宅取得資金贈与の特例に必要な書類

確定申告書「贈与税の申告第一表」「贈与税の申告第一表の2」

住宅取得資金贈与の特例の適用を受けるためには贈与を受けた年の翌年の2月1日から3月15日までに確定申告を行う必要があります。

必要な添付書類は?

住民票の写し、戸籍謄本、住宅新築や取得の際の契約書および登記事項証明書の3点になります。

まとめ

住宅取得資金の贈与は、上手に利用することで、生前の節税対策となります。住宅購入予定の方で、相続対策を行う予定のある方は、是非利用してみてください。

また、相続時精算課税制度と併用して利用すると最大3,700万円まで贈与税が非課税となります。

3,700万円の贈与税を無税にする方法とは?相続時精算課税制度と住宅取得等資金贈与を併用する方法とは?

 

 

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

最初の無料相談のときから、税理士さんが2名出席してもらえたのがよかったです。 他の事務所はあまり税理士さんは出て来ませんでした。あと資料も充実していました。

遺産相続税申告の手続きには期限がありますが、初めての作業という事もあり、「何から手を付けるか」という事から戸惑いがありました。 相続税申告について依頼させていただいた結果、不明点については明確に解り易く教えていただきました。 また的確なアドバイスをい […]

契約前に、申告内容を可能なかぎり、調べ、聞いてもらい、 ほぼ初回面談時に、だいたい申告内容が見えてきたので、安心して、お願いできました。 また、不動産のことも、お願いでき、すべておまかせできるところがよかったです。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る