年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

死亡退職金対策として活用できる生命保険とは

死亡退職金対策として活用できる生命保険とは

死亡退職金の給付を活用し、相続税対策などを行う方法をご存知ですか?聞いたことはあるけれど具体的にどういうものかはわからない、実際にどんな準備をすれば良いのか?と思っている方も多いでしょう。

今回は、死亡退職金を生命保険の仕組みを使って準備する方法をご案内します。

1.死亡退職金とは何か知っていますか?

(1)死亡退職金とは?

死亡退職金と通常の退職金。その違いはどこにあるのだろうと疑問に思う方もいることでしょう。

最近は、退職金がない会社も増加してきましたが、一定年数以上勤続した従業員に対しては退職時に「退職金」を支払う会社があります。

通常は定年に達した時に退職ということになりるため、退職後に退職金を支払うことになりますが、定年以前に従業員が亡くなった場合には、遺族に退職金が支払われることになります。

亡くなった方が本来受け取るはずだった退職金を遺族が代わりに受け取ることを「死亡退職金」と呼びます。

例えば、夫が亡くなった時に夫が勤務していた会社からの退職金を妻が受け取るようなケースが死亡退職金の例となります。

死亡退職金は実質的には財産を相続したのと同じ扱いになりますので、死亡保険金などと同じく相続税の課税対象とされます。

(2)死亡退職金は、誰が受け取ることができる?

死亡退職金を受け取れる遺族の範囲については、特に法律では定められておらず、その会社の退職金規定で定めることが可能です。

そのため、受取人の範囲を巡り遺族との間でのトラブルが生じるケースもあります。

民法上、死亡退職金は相続財産とは認められません。しかし「本人の死亡をきっかけとする相続人の得る金銭」ということには変わりありませんから、税務としては「みなし相続財産」と位置付けられています。

そのため財産としては相続税の課税対象とされています。基本的に彼相続人(亡くなった人)の死亡後、3年以内に退職金として支給される金額が確定したものが、「みなし相続財産」の対象とされています。

ただしこの金額のすべてに相続税がかかるわけではありません。非課税枠が設けられていますので、それ以外の金額についての相続税を支払うことになります。

みなし相続財産についての詳細は、下記サイトをご参照ください。

相続財産ではないのに相続税がかかる?みなし相続財産ってなに?

死亡退職金対策として活用できる生命保険とは(3)死亡退職金の非課税枠とは?

死亡退職金が、【法定相続人の数×500万円】以下であれば、相続税は発生しません。

2.死亡退職金の非課税枠と、死亡保険金の非課税枠とは?

死亡退職金に設けられた非課税枠は「法定相続人1人に対して500万円」です。

死亡保険金に設けられた非課税枠も、「法定相続人1人に対して500万円」です。

死亡退職金対策として活用できる生命保険とは

それぞれ、非課税枠が設定されているため、2つを覚えておくことで相続対策ができると言われております。

死亡した際に受け取る死亡退職金に絡む税金について、下記サイトで詳しく解説しておりますので、ご参考まで。

死亡した時に受け取る死亡退職金にはどんな税金がかかるの?
遺族はどれくらいもらえるの?経営者の死亡退職金の仕組み

3.生命保険を使えば、経営へのダメージも軽減

死亡退職金は、多くの場合は数千万円という出費になりますので、現金で支払えばその年の会社の経営は相当なダメージを受けることになります。

また、会社にプールする形で退職金を貯めようとする場合には損金処理として扱えず、課税の対象になってしまうというマイナスの側面も考慮に入れておきたいところです。死亡退職金を現金で支払わず、生命保険として準備すればこのような心配がありません。会社の経営面から見てもメリットがあるといえるでしょう。

4.退職金と死亡退職金の準備に向いている保険

死亡退職金の準備に生命保険を利用する場合、その保険の特徴をよく知っておく必要があります。多くの会社における退職金規定では、在任年数が長いほど退職金の額が増えるような計算方法を採用しています。たとえば役員の退職金は「最終報酬月額×在任年数×功績倍率(役職によってあらかじめ決められた倍率)」で計算されることが多いのです。

この計算方法を考慮に入れると、準備に充てる生命保険にも「在任年数に応じた受け取り金額の増加」に対応できるものが求められます。

このことから補償額が年数を経るごとに増えて行くようなタイプの保険が向いているといえるでしょう。

このように見ていくと、退職金の準備として適しているのは「長期平準定期保険」または「逓増定期保険(ていぞうていきほけん)」が考えられます。

このうち長期平準定期保険は、長期に渡って解約返戻率が推移します。

そのため、死亡保障は最初から高い設定ですが、解約返戻金は最初は低く設定されています。それに対し逓増定期保険は、短期間で解約返戻率が推移します。そのため、死亡保障の設定は最初は低いのですが、解約返戻金の設定は高めになっています。また、保険を解約する時にも、長期平準定期保険は役員の退職金など、赤字となる可能性がでる場合などの理由がないと基本的には解約が出来ませんが、逓増定期保険は保険単体で解約することが可能となります。

まとめ

あまりなじみのない保険がでてきましたが、会社の状況などを考えて、どんな保険に加入することがベストかを検討してください。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

孫への贈与による相続税対策

孫への贈与には3年内加算の適用なし 亡くなる日(相続開始日)前、3年以内に贈与を受けた財産については、相続財産に持ち戻されて、相続税がかかります。贈与を受けた財産の贈与のときの価額を、贈与を受けている人の相続税の正味の遺産額に加算するのです。つまり、 […]

墓地の購入は非課税なので相続税の節税になる

お墓は生前に購入しておくのがオススメ お墓や仏壇は、資産として相続税の課税対象になりませんが、相続開始後にお墓や仏壇を購入しても、その費用を相続税の債務として控除することができません。つまり、生前からお墓や仏壇を購入しておけば、その分財産がマイナスと […]

タンス預金はしたほうが良い?マイナンバーが預金に与える影響とは?

マイナンバー制度が導入されると、今まで以上にタンス預金が増加するのではないかと考えられています。いったいなぜタンス預金が必要と考えられているのでしょうか? タンス預金をすることのメリットとデメリットを考えてみましょう。 1.タンス預金の意味を知ろう […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る