相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

住宅の贈与について

住宅の贈与について

住宅の贈与については、住宅購入資金として両親からの資金援助してもらうことがあります。

当然親子間であっても、贈与を受けると贈与税が発生します。

しかし、住宅の購入資金としての贈与では「相続時精算課税制度」「住宅取得等資金の非課税制度」と贈与税の特例の適用を受けられます。

住宅取得資金準備に際して贈与を受ける場合二つの選択肢があります。

それは「相続時精算課税制度」、「相続時精算課税選択の特例」です。

どちらも贈与税と相続税を合わせた課税となります。

これは相続時に精算することを前提に、将来に親から子への生前贈与を行いやすくするためのものです。

贈与の額が非課税枠を超過する場合一律20%の税率で課税されます。

その贈与税は相続の際に贈与財産を相続財産に加算して計算された相続税額から控除されることになります。

贈与財産とは贈与時の価額とします。

また贈与税額が相続税額を上回る場合には還付されます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

事前説明など分りやすく、話しやすいので質問など気がねなく出来ました。 大変お世話になりありがとうございました。

事前説明も丁寧にして頂き、安心しておまかせする事が出来ました。 御社にお願いしてよかったと思っております。

不満など全くありません。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る