相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

DESと贈与税の関係

DESと贈与税の関係

DESと贈与税の関係

資金繰りに困った会社の社長が自社に資金を貸し付けたとします。

この場合、会社にとって社長から借入金があると本来はされるところですが、DESという手法を使うことによって債務を減少させるだけでなく資本を増強させることも可能です。

DESとはデット・エクイティ・スワップの頭文字をとっています。

DESとは会社の債務と資本を交換することで、通常なら借入金に当たるものを、会社の株式を発行することでその借入金を資本に振り替える方法です。

債務者は借入金を返済しなくてもすみますが、債権者が第三者の場合、会社の株式を手に入れることによって経営に参加することもできるようになります。

DESには債務を帳消しにし資本を増強することが出来るというメリットがありますが、場合によっては贈与税を課されることがありますので注意が必要です。

貸付金と同額の株式を発行するのであれば問題ありませんが、貸付金より少額の株式しか発行されなかった場合、1株あたりの株式の価値が上がるため、社長から既存株主への贈与が行なわれたとみなされ、贈与税が課されることがあります。

 

 

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

慣れない事で資料の提出が遅くなって迷惑をかけたにも関わらず、ていねいな対応が嬉しかったです。

相続税の申告という初めての経験で、不明な点が多く、とても不安でした。 直接ご担当者様と会って話をしたのは、面談の際の一度だけでしたが、 私のわからない事も、メールのやりとりで丁寧におしえていただき、本当にプロにまかせて良かったと感じました。 申告後に […]

mailでの「やりとり」が多くありましたが対応が素早く、助かりました。 又、分割協議の内容が度々変わり、納税申告期限ギリギリになりましたが丁寧に対応して頂けました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る