相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

使用貸借と贈与

使用貸借と贈与

使用貸借と贈与

第三者の所有している土地を借り、その土地に建物を建てる場合、借り手は貸し手に高額の権利金を支払わなければなりません。

しかし親子の場合、親の所有している土地に子供が家を建てることはよくあることですし、親が子供に高額の権利金を要求することなく暗黙のうちに無償で使用させることが多いのではないでしょうか。

このように土地を無償で貸し出し、収益した後返還する契約のことを土地の使用貸借といいます。

第三者間では支払われるべき権利金がここでは発生しておらず、その分が親から子への贈与となり贈与税が発生するのではないかと懸念される方もおられます。

しかし使用貸借の場合、土地の権利金価格はゼロとして扱われますので、その分の贈与税が課されることはありません。

親の土地に子供が家を建て、土地の使用が無償だった場合、その土地の権利金に対する贈与税が課されることはありませんが、相続の際にはその分が相続財産として合算され、相続税が課されることになります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

常に迅速かつ繊密なコミュニケーションがとれた点、感謝しています。 大変質の高いサービスを受けられたと満足しています。 お世話になりありがとうございました。

依頼者の立場にたって進めていただき何度も足を運んでいただき感謝の他ありません。有難うございました。

・親身かつ的確な対応 ・迅速な対応 ・ビジネスマナー

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る