相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

登記簿を紛失している場合の相続登記

登記簿を紛失している場合の相続登記

相続登記とは、相続が発生して、亡くなった人(被相続人)が所有している不動産を相続した場合に所有権移転登記をすることで、登記手続のなかでも、多くの書類を必要とし、手続も複雑になります。

手続きの際には、被相続人の戸籍謄本や遺言書など相続人を特定するための書類や遺産分割協議書など遺産の分配を証明するものが必要となります。

このとき必要となるのが、この土地が確かに土地を売ろうとしている人(=売主)のものであるのかを証明しなければなりません。

これを証明するのが土地の登記簿済証です。

では、この手続きの際に万が一必要書類のひとつである登記済証がない場合においては、どのようになるでしょう。

一般的に、この登記済証がない場合においては、相続人名義に相続登記をすることができません。

ですので、このような場合においては、相続人間でこの建物を誰が取得するのか遺産分割協議を行い、建物を取得する相続人名義に直接表題登記を行います。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

昨年は、義母に続いて実父の相続もしていただきました。 両方とも専門知識の豊富さに、脱帽いたしました。(特に義母に関しては素晴らしかったです) 私の相続のときもよろしくお願いします。

たいへん良くやってくださいました。 ありがとうございました。

担当の川越さんがてきぱきやってくれた。又の機会にお願いしたい。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る