相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

登記簿を紛失している場合の相続登記

登記簿を紛失している場合の相続登記

相続登記とは、相続が発生して、亡くなった人(被相続人)が所有している不動産を相続した場合に所有権移転登記をすることで、登記手続のなかでも、多くの書類を必要とし、手続も複雑になります。

手続きの際には、被相続人の戸籍謄本や遺言書など相続人を特定するための書類や遺産分割協議書など遺産の分配を証明するものが必要となります。

このとき必要となるのが、この土地が確かに土地を売ろうとしている人(=売主)のものであるのかを証明しなければなりません。

これを証明するのが土地の登記簿済証です。

では、この手続きの際に万が一必要書類のひとつである登記済証がない場合においては、どのようになるでしょう。

一般的に、この登記済証がない場合においては、相続人名義に相続登記をすることができません。

ですので、このような場合においては、相続人間でこの建物を誰が取得するのか遺産分割協議を行い、建物を取得する相続人名義に直接表題登記を行います。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初めての事で、当初税務署で地元の税理士協会より税理士を紹介いただき話を聞いたがよく分からず インターネット検索で御社のホームページを拝見し予約しました。 対応して頂いた河越氏の説明が丁寧で分かり易く、すぐにお願いしました。 その後の親切で心配りのある […]

わからない点をとても親切に教えていただき感謝しております。 今後ともよろしくお願いいたします。

誠実なご対応大変感謝しております。 ご説明も丁寧でわかりやすく色々アドバイス頂き、ありがとうございました。 お忙しい中、私達の無理な依頼も聞いて下さり、 スムーズに打合わせをすることができました。 長い期間本当にありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る