相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺産相続で確定申告が必要?

遺産相続で確定申告が必要?

遺産相続が始まるということは、お身内に亡くなられた方がいらっしゃるということです。

その時点で遺産相続が始まりますが、遺産を相続される被相続人が一定の条件に当てはまる場合は、被相続人の代わりに相続人が確定申告をし、納税の義務を果たさなければいけません。

この確定申告を準確定申告と言います。

この準確定申告が必要な場合は、その確定申告期限を相続が始まったことを知ってから4か月以内ですることが定められています。

申告の対象は当年の1月1日から被相続人が死亡した日までの所得です。

準確定申告が必要とされる条件は多々ありますが、代表的なものに被相続人が個人事業主であった場合や、不動産所得、譲渡所得、山林所得、給与所得等があった場合、必要とされています。

準確定申告は、被相続人死亡当時納税地を管轄している税務署に申告し、納税します。申告者は相続人で、相続人が一人の場合はその物が、2人以上の場合は各相続人が連署により準確定申告書を提出、申告と納税をします。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

納期をきちんと守って業務を完了していただけたと思います。 HPに疑問点がわかりやすく、詳しく載っていたので助かりましたが、質問についても丁寧に対応いただきました。

説明の正確さ、見通し、約束等全て発言通りに進めて頂いた。

遠方のため出向けない不安感がありましたが、メールのやりとりも早く安心感がありました。 初めてのことで細かい質問にも丁寧にお答えいただきありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る