相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続関係図の書き方

相続関係説明図への記載事項

被相続人の死亡した年月日と死亡時の住所と氏名、相続人の生年月日と住所と氏名を記載します。

今回の被相続人の法定相続人が死亡している場合にはその者の死亡した年月日と氏名を記載します。

また、それぞれの氏名の前には今回の相続における立場をそれぞれ記載します。(すでに死亡している人については必要ありません。)

例えば、「(被相続人)税理 太郎」という具合です。

相続関係説明図の登場人物

基本的には、相続に関係する人全員の名前を書く必要がありますが、相続に関係しない人については記載する必要はありません。

例えば、被相続人に子がいる場合には、被相続人と子と配偶者を記載することになります。また、子がおらず配偶者と被相続人の父母がいる場合には、被相続人と配偶者と父母を記載します。

しかし、被相続人の子がすでに死亡しており、孫もいない、父母共に死亡しており、兄弟姉妹がいるときには、被相続人、配偶者及び兄弟姉妹に加えて、死亡している子及び父母も記載します。

つまり、相続順位が上位の相続人が死亡により存在しない場合には、上位の相続人が死亡していることを示すために、その相続における法定相続人でなくても記載したほうが良いでしょう。

相続人の順位については、↓こちらをご覧ください。
https://chester-tax.com/encyclopedia/03_pol.html

相続関係図の書き方

記載すべき事項は上記の通りで、最後にこれらの記載項目をそれぞれの関係ごとに、実線でつなげます。

これは単純で、婚姻関係は二重線で示しそれ以外はすべて1本の実線にてつなげて、相続関係図は完成します。

ポイント

完成形はよく見かける、家系図のような形になります。
見出しとして、「被相続人 税理 太郎  相続関係説明図」と記載すると見栄えが良くなります。

ご自身で相続人の確定をさせるためにも、被相続人の連続戸籍や相続人の戸籍や住民票等を確認しながら作成するとよいでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

今回もお世話になりました。 連絡、TELでのやりとり、伺った際の説明、申告までスムーズで安心してお任せできました。 ありがとうございました!

職員の対応について、時間外でもメール対応が早く助かりました。 さらに、申告について予定の1ヶ月以上前に出来て良かったです。

税務調査率1%が依頼の決め手です。その事が納得できる程の完璧な申告書でした。 担当者の方も期限が短いにもかかわらず、とても丁寧に親切に対応していただきました。大変満足しています。ありがとうございます。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る